20歳若返る力 / 新谷弘実

「体のゆるみ・たるみ」を引き締める意外な方法

体の若返りは腸を意識する。
腸と肌はつながっている。

腸相に悪い食事がゆるみ・たるみの原因
肉類・牛乳・乳製品・精製した穀物・白砂糖などが腸の健康状態を悪化させている。

実行する3つのポイント

①酵素を含んだ食品をたっぷりとる
生の野菜や果物から「植物の生命」をいただく
・朝にフルーツをしっかりとる
・食前に生野菜のサラダをとる習慣をつける
・夕食に発酵・ネバネバ食品をとる

②腸のデトックス(解毒)を心がける
③ゆるみ・たるみを引き締める運動法を実践する
・肛門を引き締める呼吸法を行う
・ゆったりウォーキングを毎日の習慣にする
・疲れをためない生活を心がける

「心の癒し」も腸のケアから

・腸は心と体の接点である
・腸層を改善することがメンタルケアの第一歩
・腸もきれいにすると心もきれいになる
・動物性タンパク質・牛乳・乳製品が腸相を悪くする
・正しい栄養摂取と腸デトックスがセロトニンを活性化させる

腸のデトックスが美しさの源

「ためずに出す」がデトックスの基本
人は出すことでスッキリし健康になれる
体にたまった毒素の75%は便から排泄されている

「朝のファスティング」で酵素をたっぷり補給する

①朝のファスティング
加熱したものをとらない。
生の食品を摂る。
生の食品と加熱した食品の違いは「酵素が含まれているか否か」の違い

「お腹がグーッと鳴る」のがデトックスの目安

②腸のクリーニング
・コーヒーエネマ
コーヒーエネマで腸をクリーニングすると、便や老廃物、有害物質がデトックスされるだけでなく、腸内菌(善玉菌)の働きを活発にし、腸内環境を改善する効果も期待できる。

・花のつぼみ
動物が植物(野菜)を食べるのは、1つには植物からフォトケミカルを補給し、体の老化を防ぐためでもある。

ハーブ(薬草)の活用
おすすめのハーブ
・桃の花
・金銀花
・西洋人参花
・代々花
・サフラン

こうした漢方系のハーブがとても苦いので、同じ苦味のあるコーヒーとブレンドした「花のつぼみのコーヒー」が良い。
どのハーブも開花直前の花のつぼみであることがポイント

若い肌は「よい油」から作られる

・腸の健康状態が美肌のバロメータになる
・「よい油」をとることが最高のスキンケア
・「オメガ3系」の植物油を生でとることが肌を若返らせる
「よい油を生のままとる」
亜麻仁油、シソ油、エゴマ油がおすすめ
これらにしかオメガ3系は含まれていない
毎日スプーン1~2杯程度を舐めるだけ
酸化しやすいので光を通しにくい遮光瓶に入ったタイプを選ぶ

・必須脂肪酸でない動物性脂肪は極力とらないこと
・野菜をたくさんとることもよい油の摂取につながる

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA