鷹論 ―愛と礼節と生きる闘志/ 加藤鷹

与えられた場でどれだけ場数を踏めるか。
与えられた場で勝負をしなければ、何も学べない

ガチンコ勝負ほど、労力がかかる

相手が「知ってる」ことばかり話していても、何も生まれないウザくて結構。

「古い」と言われるニとこそ、伝えていく価値がある
みんなが冷めてる時代だから、暑苦しいヒーローが求められている。

自分より弱い者は守り、強い者にはぶつかっていく

男は強くあるべきで、女を守らなくちやいけない

父親と母親にある、本来の役割を取り戻せ。

やさしきとは、人の痛みを感じ取れること。
目の前で何かが起こったとき、躊躇せずに動ける人は生き残れる

攻撃だけを続けているのは、自分の弱さの裏返し。

生きることは闘うこと。戦意喪失したら人は生きられない。

逃げ道をつくらないと決めれば、あとは前に遊むしかない。逃げない、という選択をし続ける

神様は平等。気持ちよくなれない女性はいない。
装飾社会の嘘を見抜け。

人との関係は、「お節介」から始まる。
自分から「ありがとう」と感謝すると、相手が変化する。

男は計算して理解する。女は感性で納得する。

一流になるためには、ベストを求めない。ベターを重ねていくこと

縦社会の中には学びが詰まっている。
大きな組織を強固にまとめるのは、トップに対する忠誠心だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA