骨博士が教える「老いない体」のつくり方 / 鄭雄一

高齢者の寝たきりの原因の一割は、骨粗鬆症から

寝たきりにならないためには、骨と軟骨の病気予防が重要

あらゆる運動は、骨のてことしての役割による

骨は生命に関わる血液中のカルシウム濃度を一定に保っている
骨髄は単なる空洞でなく、血液をつくる場所
一日に歩く距離が長い人ほど、死亡率が低い
汗ばむ程度、毎日30分のウォーキングをする。
関節の周りの筋力を付けるようにする。

軟骨の病的老化を引き起こすリスクファクター

・肥満
・筋力低下
・関節のけが
・過激の運動
・過度の運動不測

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA