金持ち父さんの投資ガイド上級編―起業家精神から富が生まれる / ロバート・キヨサキ

アイデアを資産に変える。

投資家に必要な10のコントロール能力

①自分自身をコントロールする力
②収入と支出、資産と負債の比率をコントロールする力
③投資の管理方法をコントロールする力
④税金をコントロールする力
⑤売買のタイミングをコントロールする力
⑥ブローカーを通しての取引をコントロールする力
⑦E-T-C(形態、タイミング、特質)をコントロールする力
⑧契約の条件をコントロールする力
⑨情報へのアクセスをコントロールする力
⑩富の還元、慈善行為、富の再分配をコントロールする力

「投資をすることが危険なのではない。コントロールできないことが危険なのだ」

お金を作るのに必要な3つのE

①教育
②経験
③ありあまるお金

投資家のタイプ

①適格投資家
大金を稼いでいるか、多くの資産を持っている人、あるいはその両方にあてはまる人
コントロール能力=ゼロ
3つのE=3.

②専門投資家
ファンダメンタルズ投資とテクニカル投資のやり方を知っている人
(アウトサイド投資家)
コントロール能力=1.2.5
3つのE=1.3.

③洗練された投資家
投資と法律を理解している人
コントロール能力=1.2.4.5.6.7
3つのE=1.2.3

④インサイド投資家
投資を作り出す人。成功するビジネスを立ち上げる人。
コントロール能力=1.2.3.4.5.6.7.8.9.
3つのE=1.2.3

⑤究極の投資家
「何百人という人がその一部を所有したいと思うようなビジネスを起こすことだ」
株を売る側になる人
合法的にお金を印刷する、つまり作り出すこと、これこそが究極の法則だ。
売ると買うとでは大違い
コントロール能力=1.2.3.4.5.6.7.8.9.10
3つのE=1.2.3

金持ちになるまで昼間の仕事は続ける。

学ぶために仕事を選ぶ。
「お金のためではなく学ぶために働く」
パートタイムで自分のビジネスを始める。
「パートタイムで働くといっても、人のために働いて時間を無駄にしてはいけない。
ほかにパートタイムの仕事を見つけても、きみはEクワドランドから出れないが、
パートタイムで自分のビジネスを始めれば、きみはBクワドランドに入れる」

(デル・アマゾン)
「これほど多くの人が、資産を作り出すのでなく、買う最大の理由は企業家精神を奮い起こそうとしないからだ」
「成功しているが貧乏な企業家やオーナーは存在しない。成功しているが貧乏な医者や会計士はあり得る。
成功したビジネスオーナーには1種類しなない。それは金持ちのビジネスオーナーだ。」

なぜビジネスを起こすのか?

①つねに豊富なCFを得るため
②立ち上げたビジネスを売るため
③立ち上げたビジネスの株式を公開するため

B-Iトライアングル3つの柱

①使命(精神的使命、ビジネス上の使命)
「最初の事業に失敗するまで、起業家は本当の事業家にはなれない」
②チーム
ビジネス・投資はチームでやるスポーツ
ビジネスを起こさなければ、実社会での貴重な経験を逃すことになる。
世界で最高の教育を受けるチャンスも逃す。
投資家は会社の経営能力に投資する。自分の給料を払うために資金調達しているような人間には、
会社に献身する気持ちがあるとはとても信じられない。
③リーダーシップ

トライアングルの要素

①キャッシュフローの管理
支払条件の中に、支払いが遅れた場合の罰則を決めておく。

②コミュニケーションの管理
コミュニケーションがCFを生み出す。

③システムの管理
私は、手始めにやるには不動産への投資がいいと思っている。
1.2年、大家としての不動産の管理の仕方を学べば、ビジネス経営の技術が身につく。
システムを効率よく稼動させる。
システムがよくなればなるほど、人間に依存する割合は少なくなっていく。
マクドナルド社は人間ではなく、システムに依存している。
・オフィスでの日常業務
・製品開発システム
・製造および棚卸しシステム
・注文処理システム
・代金請求と売掛金システム
・顧客サービスシステム
・買掛金システム
・マーケティングシステム
・人事システム
・一般会計システム
・全般的な企業システム
・物理的スペースの管理システム

④法律面の管理
法律を使って資産を守る。
・会社全般
・消費者関連の法律
・契約
・知的財産
・労働法
・証券と債権証券
・株主関連

⑤製品の管理
製品は最後にくる要素
製品が企業の使命を表すものである。B-Iトライアングルの残りの部分は、企業が長期に渡って栄えていくための土台だ。
「成功の秘訣は怠け者になることだ。何でもかんでも自分でしようとすると、稼げるお金は減っていく」

B-Iトライアングルがしっかりしていれば、そのビジネスは成長する。

パートタイムのビジネス

B(ビジネスオーナー)・・忍耐、マーケティング(チームプレー)
I(投資家)・・感情のコントロール(チームプレー)

昼間の仕事

E(従業員)・・安全(ソロプレー)
S(専門家)・・ゼールス、信用(ソロプレー)

「少ない収入、多い支出」が良い。

損することに対して政府が税務上の優遇措置を与えてくれる。
支出は資産にも負債にもなる。

資産を買うことに関して書かれた投資の本はたくさんある。
この本は資産を買う、資産を作り出すことに焦点を置いて書いた。

情報時代に大金持ちになるために必要なのは、情報、あるいはアイデアだけだ。

もはやお金を儲けるためにお金は必要ではない。

「善良なる働き者」
肉体的に最も一生懸命に働く人が、受ける報酬は最も少なく、税金は最も多いというのが現実だ。
「何もしない金持ちは怠け者だ」
今の時代は、ただ肉体を使うだけでなく、頭も使ってお金を儲ける方法を学ぶ必要がある。
肉体的には最も仕事をしていない。
「学校に行って仕事を見つけろ」
時代遅れにならないためには、学校と実社会、両方における学習を継続することが大事だ。
プロのスポーツ選手は、若い選手に負けるようになったら、そこで自分のキャリアが終わることを知っている。
大学の教授は、勉強し続ければ、年をとればとるほど自分の価値が増すことを知っている。
今の時代はこの両方の考え方が必要だ。

◆◇DMM FXは国内口座数第1位!!!◇◆
口座開設キャンペーン!【最大20,000円キャッシュバック】

■年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA