資本論(六)/ マルクス,エンゲルス,向坂 逸郎

商品価値=商品の費用価格は資本仕儀的生産の上では決して起こらない。
利潤は商品交換以前に存在していなければ、商品交換では生じない。

資本家は不変資本の前貸しによってのみ、労働を搾取し、
可変資本の前貸しによってのみ、不変資本を価値交換する。

剰余価値
・資本利子
・地代
・租税

剰余価値が与えられている場合には、利潤率は商品生産に必要な不変資本の
価値の減少によってのみ高められうる。

利潤率は部分的には原料の品質にかかる。良い材料は屑を出すことが少ない。

初めに良い見本を、そしてその後から悪い商品を送ってやれば、
それで結構世間には喜ばれる。(ドイツ産業の原則)

資本主義的生産
・生産緒力(労働)の発展
・不変資本充用上の節約

集合労働 → 資本家にとっての利潤増大の源泉
労働者の生命と健康との浪費の原因

資本主義の発展とともに、生産上の廃物の利用が拡張される。

浪費上の廃物は農業理由の刺激となることは言うまでもない。

他の事情が不変ならば利潤率は原料の価値の高さに逆比例する。

資本の有機的組成は次の2つにかかっている。
・労働力の技術的比率
・生産手段の価格

価格法則は価格の運動を支配する。
生産価格を規定する平均利潤は剰余価値量に、つねに近似的に等しくなければならない。

剰余価値量=剰余価値率×労働者数

利潤率の低下は過剰生産、投機、恐慌、過剰資本と並存する過剰人口を促進する。

資本主義のもとでは、退蔵貨幣として貨幣は集積する。

利潤率の低下にもかかわらず蓄積の誘因と能力とが増加する。
①相対的過剰人口の増大によって
②労働の生産性の増大によって
③生産部門の多様化によって
④信用制度、株式会社等の発達によって
⑤諸欲望と致富欲の増大によって
⑥固定資本の大量投下の増大によって

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】


年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA