資本論(八)/ マルクス,エンゲルス,向坂 逸郎

資本は土地に固定されて、土地に合体させられる。

一時的
・科学的性質の諸改良
・施肥

永久的
・排水溝
・灌漑設備
・農場建物

土地の価値は非農業人口の増大、欲望、社会的発展の進行および需要とともに発展する。

地代は農業生産物の量にでなく、その価値にかかるが、
この価値はまた非農業人口の量と生産性とにかかる。

土地が資本から独立した原因
①土地の豊度
②土地の位置

その土地で得られる生産物の不等を減少させるものは、すべて地代を増大させる傾向をもつ。
また、この不等を増大させるものは、すべて必然的に反対の作用を生み出し、
地代を高める傾向をもつ。

改良は劣等地より優等地になされることが多い。

土地の価格は資本化された地代にほかならない。

不変資本の充用はつねに可変資本の充用よりも低廉である。
資本の追加的投下は、いかなる場合にも生産価格より低下しうる。

いかなる土地代も資本投下なしには何らの生産物も与えない。

利子率が低ければ土地価格は高く、逆ならば逆である。

小さな土地所有 → 未開人階級を作り出す。
大きな土地所有 → 労働力を破壊する。

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】


年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA