資本論(九)/ マルクス,エンゲルス,向坂 逸郎

資本―利潤(企業者利得+利子)
労働―労働賃金
土地―地代
社会的生産過程の一切の秘密をひそめている三位一体の形態
(前者は理由、原因。後者は帰結、結果)

平均利潤+地代=剰余価値
< ありうる
> ありえない

価値規定において次の3つが重要になる。
①労働時間の規制
②種々の生産群間の社会的労働の分配
③それに関する簿記

生産価格 (分解される)
・不変資本の補填
・労働賃金への転化
・剰余価値
生産価格=費用価格+前貸本に対する平均利潤

価値の分配
・労働力の所有者
・資本の所有者
・土地所有の所有者

取引所の出現により、利子寄食者が増大した。

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】


年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA