資本論(一)/ マルクス,エンゲルス,向坂 逸郎

商品、外的対象
人間のなんらかの種類の欲望を充足させる1つのもの。

価値、使用価値—投下される労働の量によって規定される。(労働の定量、時間)
その他、労働者の熟練度
科学とその工学的応用の発展
生産手段の規模と作用力
生産過程の社会的組み合わせ
自然的諸関係
交換過程

W(商品) 売り G(貨幣) 買い W(商品)

すべての商業は種類を異にするものの交換である。
利益はこの相違から生ずる。
価値
①貨幣形態
②商品形態
戦争は略奪であり、商業は詐欺である。 B・フランクリン

労働者・・自分自身を売る。
(売るべき商品をもっていない)
自由人-奴隷
商品所有者-商品

労働力以外の商品を売るためには生産手段をもたねばならない。
(原料、労働要具)

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】


年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA