裏から見た兜町 / 馬場吾朗

ただの紙切れに株券と印刷するだけでお金に化けた。
「次の仕手戦には是非うちのカネを使ってください」

解体屋・・高騰した株を素人仕手軍団は売り抜けるため解体屋に頼んだ。売り抜けのプロ(個人投資家などに売りつけ処分)

仕手筋・・証券会社、証券外務員、大口投資家、 一蓮托生の仕手軍団

「絶対に損はさせません」と念書まで出した証券マン

愚かな芝居を演じた証券界、投資家、経済誌

シナリオ相場・・業績や将来性だけでなく、具体的に面白いストーリーを展開して見せる。

仕手化する銘柄

不動玉がある程度ある銘柄。
業績の悪い会社、ファイナンス銘柄には手を出すな。

・ファイナンス決定後20%動くと何か不純な意図があったと勘ぐられ中止命令がでる。
やたら資本金の大きな銘柄も仕手戦には向かない。

老人ボケに相場を!

悪いやつほど長生きする。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA