税金亡命 / 古橋隆之

私たち日本人にとっての税金とは「納める」というより、「取られる」もの。

これは封建社会から現代社会への変遷がすべて、市民でなく、お上によって行われてきた歴史背景が影響している。

源泉徴収制度で国民が納税者意識をなくす。

日本は突出して高い法人税の実効税率に象徴されるように、外からの投資を促すような税制を取っていません。
もちろん投資の呼び込みを妨げているのは税率の高さだけでなく、金融・為替などの規制も原因ではあります。

アメリカはもともと移民は自由で、頭脳もお金も自由に受け入れる国ですから、
世界の資本を呼び込む姿勢は元来強く、時代の変遷にうまく合致した経済社会を形成しています。

タックスヘイブンは、歴史を遡れば、以前に植民地だったところが多いのです。
これらの国では英語が通じますし、商習慣も欧米と似ています。

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】


■年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA