税金を払わない終身旅行者 / 木村昭二

■「PT」という生き方

「PT」は、Permanent Traveler、終身旅行者

パーペチュアル・トラベラーとは、「永遠の旅行者」を意味し、各国で、非居住者とみなされる滞在期間の間だけ滞在し、税金を国家へ合法的に払わない、もしくは納税する税金を最小にするライフスタイルのことである。

「PT」になるためには、税法上「日本の非居住者」にならなければならない。
国内に住所を持たず、かつ日本に1年以上住まないという条件を満たさなければならない。また、本人だけでなく家族が日本に住んでいては成り立たない。

■合法的な節税法、まず「日本の非居住者」になるスキーム

所得税法上の「日本の非居住者」とは、「居住者以外の個人」

居住者の定義
①国内に住所を有する個人
②国内に現在まで引き続いて一年以上の居住を有する個人

日本の非居住者になった場合の税金上のメリット
・所得税、相続税、贈与税の課税に関して、原則として日本国内に所得の源泉があるとされる所得及び、日本国内に所在する財産のみが課税の対象になる。
・所得税に関して国内源泉所得であっても軽減税率が適用される。

■合法的な「究極の節税法PT」とは

「PT」の基本原則「五つのフラッグ理論」

①第一のフラッグ:国籍を持つ国

自分の国籍となる国、つまりパスポートを持つ国を意味します。
日本は二重国籍を認めていないため、日本以外で国籍を持つには、日本の国籍を捨てなければならない。

国籍を持つ国として世界でも良いとされている国
・オーストラリア
・ブラジル
・カナダ
・ニュージーランド

②第二のフラッグ:ビジネスを営む国

所得を稼ぐ国。一般的には経済規模がある程度大きく、金融市場がある程度の大きさである先進国。

第二のフラッグに挙げる国・都市
・ロンドン
・東京
・ニューヨーク
・チューリッヒ
・シンガポール
・フランクフルト

③第三のフラッグ:居宅を持つ(永住権・市民権を持つ)国

住所を持つ国。住居を構えてその国の居住者となる可能性が最も高いので、居住期間を気にせず所得について無税を享受できるタックス・ヘイブンの国を選択する。
タックス・ヘイブン以外の国に住居を持つと、税金の支払義務が生じ、得策ではない。それらの国では賃借が良い。

第三のフラッグに挙げる国
・アンドラ
・バハマ
・バミューダ
・カンピオーネ
・チャネル・アイランド
・モナコ
・オランダ領アンティール諸島

国の条件としては
・英語が通じる国
・政治的に安定している国・地域
・気候が快適
・日本からの飛行機の便が便利な国
・核保有国の近くの国ではないこと
・物価が安いこと

④第四のフラッグ:資産運用を行う国

金融インフラが十分に整備されている国
金融関連の法律が整備され、銀行の守秘性が確保されている国
税法上の優遇措置があるオフショアセンター
優秀な会計士、弁護士、プライベートバンカー、ファンドマネージャーなどの人材がいる国

候補の国
・リヒテンシュタイン
・オーストリア
・ルクセンブルク
・スイス
・ニューヨーク
・ロンドン

⑤第五のフラッグ:余暇を過ごす国

自分の余暇を過ごす国であるので、永住権や市民権を持つ必要はなし。
観光ビザで滞在でき、最大でも90日滞在すれば十分な国。

年間255講座、延べ41万人が受講したお金の学校の定番講座
なかなか聞けないお金のことを短時間で効果的に学べる、入門講座
ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」
お金のレッスンスタジオ「マネテリ」

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】
参加者の95%が満足!プロが教える無料株式セミナー【株式投資スクール マナカブ.com】

年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ
ベルテックスの不動産投資セミナー

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA