相場を動かす ブルの心理ベアの心理 / デービット・コーエン

ブル・マーケットの心理

①株価はすでにかなり高い水準にあり、株は過大評価されている。
②市場には自分以外にもたくさんの投資家がいるのだから、株を買い続けなければ、みすみす儲けを逃すおそれがある。

投機ブームを理解するには、経済学、個人心理学、集団心理学、コミュニケーション理論の知識が必要となる。
計算は脳にストレスを与える。

多くのアマチュア投資家は「研究したこともなければ、たいして知りもしない会社の株を買う」
つまり、欲をかくばかりで、頭を使わない。

金融に関する特別な資格を有している人は全体の20%しかいない。
ベア・マーケットはつまらない。
ブローカーは、取引の理由をいちいち顧客に説明しなくて済む売買一任勘定を好む。

哲学者になりたかったソロス

ソロスの戦略
株式や商品の価値を判断することではなく、ある資産がどのように認識されているかを判断することであり、
その資産とそれに対する認識が変わるタイミングを理解すること。

投資局面には6つの段階がある。

①トレンドがまだマーケットで認識されていない段階
②そのトレンドに勢いがついてくる段階
③マーケットがテストされる段階
④現状と現状認識の落差が拡大していく段階
⑤クライマックス
⑥トレンドが逆転する段階

感情要因
熱狂指数
買ってからでは手遅れ

◆◇DMM FXは国内口座数第1位!!!◇◆
口座開設キャンペーン!【最大20,000円キャッシュバック】

■年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA