発汗健康法 岩盤浴の秘密―遠赤外線とマイナスイオンの驚くべきパワー/五味常明

岩盤浴の黄金コンビ「遠赤外線」と「マイナスイオン」

・マイナスイオン
身体の中では、プラスがマイナスより優勢になりがちです。
体内の電気活動の乱れは、細胞からマイナスイオンつまり電子が奪われることで生じます。
これを細胞が「酸化される」と言います。
岩盤浴のマイナスイオンによって還元された細胞は、生き生きと若返るのです。

・遠赤外線
遠赤外線の中でも、特に生体に優しい効果をもたらすといわれる6ミクロン~14ミクロンの範囲の波動を「育成光線」と言います。岩盤浴で使用される各種の鉱石から、これでもかと放出されているのが、この育成光線です。

岩盤浴は「人間炭火焼き」である。

岩盤浴の温熱効果は深く、長く続く
・第一段階は温かい岩盤による直接の作用
・第二段階は岩盤に使われる鉱石から出る遠赤外線が、身体の深みに届いて、細胞に運動エネルギーを与えることです。
・第三段階は身体が温まったことで「代謝効率」が高まり、「自己熱のスパイラル」にいたる段階です。

汗と岩盤浴

ちゃんと汗をかけない時代
汗をかかないのは退化の証拠
汗をかけないと「変温人間」になる

汗腺の退化による病気の連鎖
体温の調整がでいないと、さらに深刻な病気に繋がる。
冷房病、熱中症

岩盤浴の汗は代謝力を高める。
岩盤浴の遠赤外線の温熱作用は、身体の芯まで浸透して身体をまんべんなく温めます。
特に内臓や筋肉を温めて、その働きを高めてくれるのです。
岩盤浴で内臓を温めてやると、内臓器官は大喜びで働きます。
特にエネルギー代謝を司る肝臓の酵素は活性化され、代謝力が高まります。
岩盤浴でかく「サラサラ汗」は、とても蒸発しやすく、最小限の発汗で対応する、非常に効率の良い汗なのです。

岩盤浴の汗はなぜ「サラサラ」なのか?
汗がサラサラになるための条件は
・水に近い濃度の汗になること、つまり血漿のミネラル成分が少ないことです。
・汗の粒が小粒で細かいこと

岩盤浴の遠赤外線は身体の芯まで温めるため、深部温を安定的に調整するための脳のセンサーが優先して、「サラサラ汗」が出るのです。
岩盤浴の汗はバランスが良い。

岩盤浴は身体にやさしい

・免疫力を高める岩盤浴
・リラクゼーションの効果を期待できる
・岩盤浴の汗は天然の化粧水

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA