比較日本の会社情報処理サービス / 竹田義則、室隆志

統合システムの構築をユーザーに代わって専門に行うのがシステム・インテグレーター

ソフトウェア資産の共有図る標準化、オープンシステム
標準UNIXの登場
欧米に比べ立ち遅れるデータベースの整備
初期投資の大きいデータベース

クライアント・サーバーが主流の時代、オープンシステム、ネットワークが基礎に

①情報処理サービス業
②情報提供サービス業
③ソフトウェア業

多角化競争の時代を迎えた情報処理サービス業

オープン化の推進とダウンサイジングがカギ。
ダウンサイジング・・より投資効率が高く、システムを構築すること。

労働者派遣法の影響

従業員の増加が売上高の増加に直結
技術系従業員が85%
求められるソフトウェア技術者

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA