株・利益確定93%驚異の成田式投資法

株価が大きく動くのは株価が2000円以上のものが多い。

「前日安値より当日安値が低い日が3日続いた時、その3日目が底値圏であることが多い」
「前日高値より当日高値が低い日が3日続いた時、その3日目が天井圏であることが多い」

売買銘柄5つの条件

①株価チャートの形が細かく上下動(ジグザグ)をしている銘柄
②株価変動がショートスパンで100~1000円前後以上である。
③出来高が多く、コンスタントに上下動(ジグザグ)する。
④ショートスパン底値圏内である。
⑤ショートスパン天井圏内である。

基礎的条件

①浮動株比率・・・10%未満
②株主に信託銀行が入っている。(ファンド組入れ)
③外国人株主比率・・・10%以上
④トップシェア(グループ)

スイングトレード(1週間から1ヶ月前後の短期売買)

・デイトレード投資のリスクを極力抑えるために生まれた投資法

米国素人投資倶楽部の銘柄条件

①配当・・・配当利回りが5%前後であり、利益の50%を事業投資に回している企業。
②1株当り利益・・・売上げと同比率前後で増加している場合。
③PER・・・PERが銘柄成長率の50%前後。又はPERが過去5年の平均収益率よ
り低い場合。

M&A 株価評価=株高になる大きな要素になる場合。

①出資や買収をした側の企業
②業界内シェアアップになる買収
③リストラ効果があると考えられるM&A

「時系列PT3・3の法則」

前日終値比アップが「3回連続」の場合が「天井圏」となる。
前日終値比ダウンが「3回連続」の場合が「底値圏」となる。
3・3の確率が一番投資可能回数比率が多く、PT用の値動きをしてくれる。

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】


■年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA