株の原則 / 邱 永漢

株の原則

経済通の助言より、自分の肌で感じた感覚が大事。
時代の動きを感じ取り、推理する楽しさを大切に。

①自分を抑える、克己心を忘れるな。

 

②自分の性格に挑戦するつもりで株をやれ。

 

③時代の変化に気を配れ。

業種、業界よりも会社単位で考える。
私は第一級の会社には目をくれない。
1年に1回は自分の持っている株を点検する。

④銘柄は自分の身近なところから選べ。

 

⑤株式投資の定石だけにとらわれるな。

いまの横綱でなく、横綱になれそうな会社の株を買う。
銘柄はせいぜい3本まで。
大型株、小型株という分け方には意味がない。

⑥自分が高すぎると思った株は買うな。

新聞記事に出ていないときに、売り買いするのが本筋。

⑦株の衝動買いはするな。

株はチビリチビリ買い、チビリチビリ売るのがコツ。

⑧金儲けのチャンスを自分だけのものだと思うな。

自分流の売り幅を決めておけば気持ちに負けない。
景気に一番敏感なのは、工作機械なのです。平均4年くらいで需要の周期が回ってくる。
資産株も時代によって変わる。

⑨素人考えを重視せよ。

資本の小さい会社の品薄株で、信用銘柄になったものは、絶対に信用で取引しない。

⑩株のことは株に聞け

災害は必ずしもマイナス材料にはならない。

⑪他人に責任を転嫁するな。

いざ買うときは、先輩の導きが必要。

⑫新聞の株式欄を見るときは全体を眺めよ。

出来高の多い株を選んで、1週間チェックしてみる。
平均株価より、自分の関心のある株に注目

⑬情報は、そのまま鵜呑みにするな。

 

⑭情報を読む、自分なりの見方を持て

公定歩合は株式市場に影響を与えない。

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】


■年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA