新版 目標による広告管理 / Solomon dutka著、八巻俊雄訳

1.目的の力

お金を払う広告主は、その広告投資の見返りを知りたい。
目的
・売上を伸ばすために
・マーケット・シェアを高めるために
・販売部員の顧客開拓を援助するために

さらに目的を特定化
・年内に売上を10%高めるために
・マーケット・シェアをこの1年間で10%から12%に拡大するために

広告目標とは特定化されたコミュニケーションの仕事であり、定められた対象の範囲で、定められた程度に、定められた期間にわたって達成されるものである。

利点
・人々はやっている事についてははっきりわかっていた方が、よりよく仕事をするものだ。
・広告はおそらく、あらゆるビジネス戦略の中で最も実体のないものだ。
・目標はますます必要になってきた。なぜなら広告がますます専門化してきたからだ。
・合意された目標は無駄な努力を少なくする。

2.定された広告結果の意味

広告調査
・受け手調査 (広告に接した読者や視聴者の数を数える)
・メディア調査 (特定の媒体が到達する大衆の特性や規模を分析する)
・コピー調査 (本格的な広告活動の前の、広告分析と人々の反応評価)

コマーシャル・コミュニケーションの4段階

①知名
②理解
③確信
④行動

広告は自動化されたマーケティング・コミュニケーションである。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA