投資苑 / アレキサンダー・エルダー

経験者になればなるほど、より大きなリスクを取りたがる。

・トレーディング業界は、コミッション(売買手数料)とスリッページ(売買執行を行う際に働く誤差)の2つによって、トレーダーの命を奪う。
・最低のコミッションのブローカーを見つけて、彼のことをタカのような目でよく監視すること。
・米国のトレーダーに見られる2大職業は、技術者と農業従事者である。
・複雑な人間の活動を自動化することは元々無理である。
・これまでのところトレーディングシステムでお金を儲けた唯一の人たちは、それらのシステムを売った人たちなのです。

サポート、レジスタンスの強さ

①サポート、レジスタンス近辺における価格の滞在時間、あるいはその水準に到達した頻度が多ければ多いほど、その強度は高まります。
②サポート、レジスタンスのゾーンの厚みがあればあるほど、その強度が増す傾向がある。
③サポート、レジスタンスのゾーンにおける出来高が多ければ多いほど、その強度は増す。

コンピュータ分析

・まずソフトウエアを選び、次にコンピュータで、最後が分析のためのデータの入手です。
・ツール、ボックス(チャートやテクニカル指標を表示する)
・データ(どんな過去のデータも1ヶ月1ドル以下で入手できる、更新費用も廃価)
・過去のデータを入手する場合、2つのブル、マーケットと2つのベア、マーケットの期間を含むデータを入手するとよい。

トレーディング・システム

①トレンドフォロー型の指標を使って週足のトレンドを見つけて、その方向に限ってトレードします。

②日足チャートにオシレータを適用します。週足の上昇トレンドの中では、日足の価格下落を買いのチャンスに生かし、
反対に、週足の下降トレンドの中では、日足の上昇を売りのチャンスに生かします。

③週足トレンドが上向きで、なおかつ日足のオシレーターが下向きの場合、トレイリング買いストップを使用します。
反対に、週足トレンドが下向きで、日足のオシレータが上向きの場合、トレイリング売りストップを使用します。

マネー・マネジメント

・まずサバイバルすることを第一の目標とせよ。
・焦らず、ゆっくりとリッチになりましょう。
・一体どれくらいのリスクを取ったらよいのか。
・利益を再投資する。
・お金より先にトレードの質を高める。
本当のプロというものは彼の全エネルギーを銭勘定ではなく、自分ができる最高の仕事を実践することに傾注するものなのである。
(良い先生、医者、弁護士、農家)

①ストップ・ロス・オーダー
②損益ゼロのストップ・オーダー
③利益を守るためのストップ・オーダー

トレードノート

・ポジションを持ったらすぐにチャートを打ち出して、ノートの左ページに貼付し、売買を行った主な理由を書きとめておきます。
そしてトレードを今後、どのように管理するのかについて計画を書きます。
・ポジションを手仕舞うとき、チャートを再度打ち出して、ノートの右ページに貼付します。
手仕舞った理由を記入し、良かった点、悪かった点をリストにします。

◆◇DMM FXは国内口座数第1位!!!◇◆
口座開設キャンペーン!【最大20,000円キャッシュバック】

■年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA