投資の決断 / 大竹愼一

日経平均は市場原理で動かない。

政府から託されている公的資金については、信託銀行に運用が任されているわけではない。
その金を使って株価を買い支えるという命令が出されているのである。
つまり日経平均を保つために、少しじりじり下がったりしたら年金などの公的資金を投入して、日経平均を上げろということだ。
そしてその責任は問わない、という暗黙の了解がある。
だから買い支えた株が下がって損しても信託銀行は平気なのだ。

こんな無茶なやり方で買い支えられている日経オプションでやれば、罠にはまりやすい。

ハイテクよりローテク成長株

外国人投資家が日本株を買うのは、単に値上がりするからと思って買うのではない。上がる下がるはどうでもいい。
問題なのは、現在のポートフォリオの比率をどうするか、ということだ。

◆◇DMM FXは国内口座数第1位!!!◇◆
口座開設キャンペーン!【最大20,000円キャッシュバック】

■年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA