成功者への道 ウォール街実践投資マニュアル / トム・バッソ

成功への3つの鍵

①何1らかの投資戦略を持つ
②リスク対策
③自分自身をよく理解する

自分の状況と資産、腕前に見合った投資をすることが最も大切である。
適切な投資というものは、息をするくらい自然なものである。
トップトレーダーは投資の過程を楽しんでいるのであって、結果に執着していない。
つまり、資産の価値が自分の価値だとは考えないことが、投資で成功するには不可欠なのです。

リスクが高い場合も低い場合もあると考えている投資家は、先物の長所も短所も研究する。
情報が氾濫する中、情報を取捨選択していくことがとても重要になってくる。
→良い点ばかり目に付くようなら、悪い点も探す。悪い点ばかり目に付くようなら良い点も探す。
損をするリスクだけがリスクではありません。

あまりにもうまい話は通常の3倍調べるべき。
資金は資産を管理する金融機関に渡すべきで、資産を運用する会社には渡してはならない。
信託会社と運用会社は別なのです。もちろん両者が関連会社であっては意味がありません。

ブローカーが勧めるのは、いい投資先からか、手数料稼ぎかを洞察せよ。
成功者に共通するのは、みな一貫性があるということです。
彼らは皆、失敗から多くのことを学んでいる。
たった1回投資で成功することで、投資家の精神状態はたいてい驚くほど変わる。
「市場で取引が行われている時間帯には投資に関する決断をするな」
損を出すことも利益を得るには避けて通れないものです。

市場環境を把握する。長期投資

株式市場が5%下げている時に自分の投資が3%下がっても、むしろ嬉しいでしょう。
株式市場が10%上げている時に自分の投資が5%しか上がらなければ、心配になります。
収益が上がったから良い、下がったから悪いとするのは、単純化しすぎです。

投資環境を考察する。

世界を見て、全般的な投資環境を把握しておく。

集団心理はたいてい間違っている。
「投資で成功する秘訣は誰からも注目されていない、隅に転がっている現金のように見える投資対象を見つけるまで待つこと」
(ジム・ロジャーズ)

「割安な案件を見つけ、それが投資家達によって発見され、正当な価格にまで押し上げられるのを辛抱強く待ち、利益を上げる」
(ジョン・テンプル、ウォーレン・バフェット)

いろいろな所で同じ投資が成績を上げた話を聞いたなら、それには手を出さないことです。
最高の投資というのは得てして、一般の投資家にとってはつまらないもので、魅力的でも興味深くもないものなのです。

安く購入できたからといって、利益が保証されるものではない。
一方、値上がりしている投資は手放してはいけません。そういう投資に行き当たるのは難しいのですから。

記者は大衆にウケのいい記事を書く。
利益は最大限に、損失は最小限に。

収益率は金利ではない。
今の世の中、10年間では多くのことが変わります。
巨額の資金を運用すると、取引が大口になるため、相場全体に与える影響も大きく、市場を動かしてしまいます。

ファンド・・実績が長ければ注意。運用担当者が変わっているかもしれない。
プロのトレーダーでない限り、投資に関する決定は長期的に検討するべきです。

分散しすぎるのも避けよう。
投資家を多様化しすぎることによって、これを管理するための投資コストも膨らみます。

誰がどこで儲けているか。
投資家は、投資に携わる人々の誰が、どこで儲けているかを把握していなければならない。
→だれがどこに利害関係をもつか、それがどのような影響をおよぼすか。

大勢の人の意見に従うのは、たいていは最悪の選択なのです。大勢の意見の一致するところには、
すでにことは起こっていて、その見方に基づいて投資して儲けようとしても、もう遅いのです。

「大金を得ることができたのは、私が考えたからではなく、何もせずに待っていたからです。
市場に負けるのでなく、自分自身に負けるのです。頭はいいのに、じっと待てないからなのです」(ジェシー・リバーモアー)

・何もせず見守ることは最も難しい。
・もしすべてが計画通りに進んでいるなら何もせず、ただ見守りましょう。
大金はそうすることで得られるものなのです。

投資にエゴは危険
・市場を恐れてはいけません。一方で、市場は攻略しきれるものではないという認識をもつことも必要です。

成功したいならエゴをなくそう。
・自信は投資家を助けるのに対して、エゴはほとんど全ての局面で、成功の妨げになる。

投資コストを抑えようとする人は、そのために時間や労力を費やします。

コストを下げることで貯めることのできる金額は限られています。
投資収益を増やす努力をすれば、理論的には利益は無限に膨らませることができるのです。
時間には限りがあるのです。投資家が得られる利益は限られていない一方で、節約できる額には限りがある以上、
投資家は収益を増やすことに時間を割くべきなのです。
資金が多ければ多いほど、コストを節約するよりも、収益を増やすことに時間を割くことが必要になります。

資金が増えてくれば、自然と投資に時間やエネルギーを傾けるようになるでしょう。
「投資家が市場に対して謙虚でない限り、市場は必ず、投資家が謙虚になるように仕向けるだろう」

◆◇DMM FXは国内口座数第1位!!!◇◆
口座開設キャンペーン!【最大20,000円キャッシュバック】

■年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA