実践フランチャイズ・ビジネス / ジョセフ・R・マキューゾ、ドナルド・D・ボロイアン

フランチャイズの種類

①ビジネス・フォーマット・フランチャイズ
製造者が他社に対して自分が製造・保有する製品を販売するライセンスを賦与する形態。
②製品・商標型フランチャイズ
経営者が製品を製造させたり、自分の名前、トレードマークなどを、自分が規定したビジネス・フォーマットに従って、特化されたサービス提供を行う商行為を他者に許可する形態。
③転換型フランチャイズ
すでに独立した事業主に対して、より広い規模の商標と宣伝活動などを集約的に支援するシステムを提供できる形態。

重要な特性

①真剣に学習したいという意欲、熱意
②フルタイムで働くことをいとわない
③円滑な人間関係を築く能力
④ストレスに耐える胆力
⑤指示に従う柔軟な能力
⑥資金的にある程度の余裕をもつ

避けるべきフランチャイズ本部

①唯一の商材だけで展開しているもの。
②労働集約型であるが、それだけに依存しているもの。
③フランチャイジーとの法的トラブルやジーの倒産や廃業の多いもの。
④ジー店舗の売上が減少してきたもの、または業界平均以下のもの。
⑤継続した本部サポートや宣伝に限界があるもの。

どのような業種がフランチャイズ向きか。

複雑化や経営が容易なビジネス
実証された市場で、ビジネスに新しいアイデアを加える。
マーケットの目標に合致したコンセプトのビジネス
性格、場所、流行に左右されないビジネス

フランチャイズを成功させる条件

①規模
②持続性
③収益性
④技術習得性
⑤システム化
⑥販売の難易度
⑦オリジナリティ
⑧余裕度

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA