大競争時代の社長の戦略ノート / 西塚宏

社長の役割・・自己啓発

・環境の変化と自社への影響察知力を鋭敏にする。
・不断の情報活動が必要
・動向察知力を高める。
・新消費パワーの時代(創造的価格破壊、市場破壊)
・他社参入の察知力を身に付ける。
新しい成長分野は①情報、通信 ②自然、環境 ③健康(心身) ④アミューズメント
成長分野での企業間競争はますます激しくなる。技術革新や産業構造の変化の中にビ ジネスチャンスを求めていく。

経営戦略

・企業が生き残るためには、需要構造の変化に目を向けねばならない。
・たえず新しい成長分野を見い出し、事業機会を探求・追求していく。
・市場での競争に勝つには自社の強みを他社の弱みに全エネルギーを集中する。
・「資本利益率」が全社的な利益目標表示に使われる。

人材育成

・「目標による管理とは、会社の目標と個人の目標とを関連づけ、目標を達成することにより、人間としての興味と欲求を満足させるようにすることである。」 シュレイシュレイ

①組織とは目標の連鎖である。
②成果が基準
・目標管理制度のポイントは、毎年挑戦的な売上目標、利益目標を設定すること。
・個人評価を重視した人事考査と、賃金体系へのフィードバック
・リエンジニアリング「新しい会社としてやり直すにはどうするか」
・リストラクチャリング「需要増の見込めない分野から撤退し、新たな成長分野を追加する」

財務管理・・製品ごとの損益の責任を負うプロダクト・マネージャー制

製造

・ジャスト・イン・タイム生産方式の導入
各部品の量と種類を平均してしようできることによって、異なった車種の混流生
産が可能になる
・無駄の排除
・U字ラインの構築
競争戦略・・製品差別化戦略、占拠率拡大戦略、製品ライフサイクル戦略、特化戦略
事業戦略・・人事、財務、マーケテイング、技術、生産、調達設備投資

PPM分析・・現有の製品、または事業分野を全体的、客観的に評価して、重点分野と撤退分野を選別して、企業全体として最も効果的な資源配分を行う手法。

3年後、5年後、10年後どのような企業になりたいかという目標

年間255講座、延べ41万人が受講したお金の学校の定番講座
なかなか聞けないお金のことを短時間で効果的に学べる、入門講座
ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」
お金のレッスンスタジオ「マネテリ」

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】
参加者の95%が満足!プロが教える無料株式セミナー【株式投資スクール マナカブ.com】

年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ
ベルテックスの不動産投資セミナー

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA