図解デノミネーション / 吉田春樹、今田寛之

100円が1円になる。
円という日本の通貨の基本単位は、米ドルに比較してはるかに小さい。
日本の通貨は基本単位でほとんど何も買えないのだ。
通用力の変化を伴わない単純な呼称変更を、単純デノミという。
デノミは通貨政策の一つ

デノミ以外の通貨措置

①通貨の基本単位の平価の変更
②貨幣資産の通用価値の変更
③貨幣資産の封鎖

昔は1円=1ドルだった。
デノミは通常、激しいインフレの後に行われる。
なぜなら、日常生活で、モノやサービスの値段を表すのにゼロがいくつも並ぶからである。

インフレほど恐ろしいものはない。

インフレの発生原因には需要要因と供給要因がある。

①需要要因
積極財政や金融緩和策によって需要を刺激した場合、ブームで消費、投資が拡大した場合、
戦時の軍需増大などの場合に、需要が持続的に増大する一方、供給が生産面の制約等からこれに
追いつかなくなって、物価が上昇するものである。
②供給要因
輸入コストの上昇、賃金上昇などが原因となる。

デノミで何がどう変わる。
実は何も変わらない市民生活
円の国際競争力がつく。(1ドル=1円=1ユーロ)
人心一新
海外の動きがわかりやすくなる。
通用力が似ていれば、欧米人にも円表示はもう少しわかりやすくなるだろう。
デノミを実施すると、その準備や実行に対応する分だけ需要が拡大し、マクロ経済観点から見て、
GDPを押し上げることになる。

デノミで得する産業(広告代理店、印刷会社、出版会社、金融端末製造会社、貨幣の製紙会社、非鉄金属会社)
デノミで損する産業(金融業)

国民の混乱

デノミ実施の4つの条件

①通貨の安定
②物価の安定
③デノミが実施できないほど景気が悪くないこと。
④政治の安定

退蔵紙幣はあぶりだされるか。
強い円と弱い日本経済
遅れた円の国際化

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】


年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA