人生熱く生きなければ価値がない / A・L・ウイリアムズ

つねに自分は特別な人間だと思え。

大きく伸びるためには人生の「定石」を踏み外してはならない。
「月並み、ありきたり、平均」をいう言葉を頭の中から閉め出せ。
決断のときが出発のとき、人生には決して手遅れはない。
ハンデが大きければ大きいほど復原力がつく。
その気になれば人生はいつでも「仕切り直し」がきく。
既成の概念、常識の大半は疑ってかかれ。
思考法をちょっと切り替えれば人間はいくらでもタフになれる。
どうしてもゆずれない「一線」には徹底してこだわれ。

自分の仕事にロマンをもつ人間は必ず成功している。

人生における最大の破産者とは、夢見る力を失った人間のことだ。
自分の野心の実り具合をときどき再確認してみよ。
「石橋」をたたいていては、いつまでたってもわたれない。
自分の夢に家族を巻き込め。
「堅実さ」は大胆さが加わってこそ生きてくる。

ものごとを単純化する訓練を徹底せよ。

忙しい人ほど時間の「出し入れ」がうまい。
メッセージは短ければ短いほど、その効果は大きくなる。
大物物ほど「当たり前」のことをコツコツを行っている。

人間はかけられた期待に応じて成長できる。

人はみな自分だけ特別扱いされるのが好き。そこをくすぐれ。
人生最悪の日を最良の日に大逆転させる。
このときの経験から、以後の人生を大きく変えていくことになるからだ。

自分につまらぬ言い訳をするな。

ものごとをマイナスの面だけしか見ないような人間とはつきあうな。
自分に逃げ場をつくっているうちは最善の知恵は生まれてこない。
成功を収めるための最高の法則―それは、つねに前向きに生きるという一点なのである。

極度に失敗を恐れるあまり、なにもしない人が大勢いる。

たしかになにもしなければ、大失敗を味わうことはないが、逆に成功のチャンスは絶対にない。
なにか大きな目標をめざしていれば、その途上では失敗がつきものなのだ。

もし1つの失敗によってすべてを断念するようなことがあれば、あなたは完全な敗北者になってしまう。

 

失敗とは、成功への道のりの半分まで達したことを示す動標である。

「失敗は絶対的なものではない。むしろ気の持ち方の問題だ」

カベにぶちあたった時はとにかく動いてみよ。

失意や落胆に対する最善の治療法は、努力を2倍にも3倍にも強めていくことだ。

30日サイクルの短期目標を立て、大目標実現のはずみをつけよ。

私たちのほとんどは、勝利に不可欠な「あと1歩」の努力と粘りと忍耐に欠けている。

生涯目標とする人間を1人だけつくり、追いつき追い越す努力をせよ。

夢を見よ、だが夢だけに生きるな。
成長し続けていく唯一の道は、変化をうまく受け入れることである。

自分の都合だけで動くような人間とはつきあうな。

金の使い方にその人間の知恵、器量のすべてが表れる。

あなたが、なにか特別な目標を本気で達成しようとするなら、「分相当」どころでなく、
はるかに「分以下」の生活をしなければならない。

真の成功者のすぐれたバランス感覚

人生においては、精神生活ほどもっとも重視されるべき。
どん底の時こそ「勉強させてもらう絶好のチャンス」と感謝せよ。
過去は問題でない、これからをタフに生きよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA