世界を動かす悪魔の地下経済 / 草刈 龍平

世界を動かす悪魔の地下経済

・ソロスの背後にはこの新世界経済秩序の構築を企むさらに巨大な勢力が存在しており、
ソロスはその手先にすぎない。

アメリカ不動産投資。最高値で売りつけ、最安値で買いたたく。

不動産を知り尽くした国際金融資本でなければできない神業だった。
そして、アメリカ企業は日本企業から奪った金で底値となった東京都心の土地を買いあさっている。

国際金融資本は日本を彼らのための生産基地にしようと考えていた。

安い給料で朝から晩まで働く日本人は彼らにとって最高の工員であった。
しかし、日本が勢力を持ちすぎることは国際金融資本にとって脅威であり、
そこで、彼らの日本に対する攻撃が開始された。

・日本企業が弱りきったところを見計らい、アジア経済危機を起こして、
日本経済を破滅すんぜんまで追いこんできた。そしてあたかも救世主のような顔で買収を持ち掛けた。

・メインバンクが企業の株を持ち合う日本では、敵対的M&Aは難しい。
そこでBIS(国際決済銀行)を動かし「BIS規制」を施行させた。

ビックバン

・今まで日本の金融市場は大蔵省の規制が強く、国際金融資本といえども参入が難しかった。
・世界経済を支配するビルダーバーググループ
・実はナチスがスイスに手を出せなかったのは、スイスが総支配層の秘密首都だったからである。
・今やアジア諸国はIMFの奴隷国家
・世界は10のブロック経済圏に分割される。
・日本はどの経済ブロックにも取り込まれない唯一の国となっている。
彼らは日本を最大の強敵と見ており、日本経済を孤立させてからゆっくりせん滅しようとしている。

金融戦争で国際財閥には絶対勝てない。

・バブル崩壊を引き起こす。
アメリカでは「1000ポイント神話」があり、過去1000ポイントを超えるごとに暴落が起こっている。

ウォール街の法則

①株は月曜に下がり、金曜に上がる。
②株は3回上がったら売れ。
③株は商いの少ない日に買え。
④株は1、4、7、11、12月に上がり、2、6月に下がる。

・「バックマン」フリーの株価操作のプロ。
機関投資家や経済評論家といった株価を動かす力のある人々と親密である。

・現在アメリカには「情報ブローカー」という会社が日の出の勢いで成長している。
彼らは「商業データベース」なるものを作り上げ、企業の降かい情報を合法的に提供している。

・デリバティブは悪魔の金融商品
・世界の決済通貨はますますユーロに移行し、ドルの価値は半減。1ドル50円を割る可能性も高い。

東南アジアの巨大華僑財閥

①香港 長江グループ
②台湾 台湾プラスチック
③台湾 エバーグリーン
④タイ CPグループ
⑤タイ バンコク銀行
⑥インドネシア サリム・グループ
⑦インドネシア アストラ・グループ
⑧マレーシア マレーシア郭ブラザーズ

・「金・ダイヤは安全はウソ」南アフリカの大ユダヤ財閥であるオッペンハイマー。
ダイヤモンドを魅力的な商品にするために、デ・ビアスは数々のキャンペーンを行い、
世界の消費者に「ダイヤモンド神話」を植え付けた。

「ダイヤモンドは作れない」GEはそれに成功していたがねじ伏せられた。
「ダイヤモンドは稀少である」

金やダイヤはユダヤ財閥によって意のままに価格を操られている貴金属なのである。

 

今後絶対安全なのはスイス銀行だけ

・キリスト教では金融業は禁止されており、ユダヤ人の特権だった。
・米国のクーン・ロープ商会
・米国の巨大投資銀行はすべてユダヤ資本
・カナダ経済。ブロフマン帝国
・マフィアとは国際財閥の悪の代理人である。
・アメリカ経済はWASP(製造業)とユダヤ(金融資本)が主導権を巡る。

ユダヤ人のサバイバル術

①いざとなったら「金」だけが頼り。
②つねに「移動」を考えよ。
③生きていくための「技術」を身につけよ。
④「家族」の絆を大切にせよ。
⑤つねに「倹約」を心掛けよ。
⑥「借金」は絶対にするな。

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】


年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA