ワルの心理テクニック / アンダーワーカー・サポーター

うわさ(拡大解釈になる)
相手を自滅させる方法、相手のいうことを徹底的に無視する。
自分のテリトリーに引き込んで勝つ。
共通の敵をもつと連帯しやすい。
孤独の不安をあおれば敵を従わせられる。
不安を誰かと共有したくなる。
とりあえず謝っておけば、相手の不満を逸らす事ができる。
人は何か食べながら酒を飲みながら説得されると、同調しやすくなる。
人は考える時間をたっぷり与えられたほうが、OKしやすくなる。
最後の発言が最も支持を得やすい。
人の心をコントロールする「端数の魔力」を知っておけ。
3時7分など
仲間外れになる不安を突く説得術
「みんなやってますよ・・」

人は情報がまったくない状況には、強いストレスや不安を感じる。
ごく一部を与えるだけで相手の不安感をずっと少なくできる。
簡単に手に入ると思っていたものが手に入らなかったとき、ほしいという気持ちはぐんと高まる。
難関をくぐったもの同士の連帯感
難関校出身者ほど結束しやすく学閥をつくりやすい。
たとえ全員合格させるつもりでも、難しそうな面接・試験を行うと、選ばれた人たちはより団結力も高まる。

人は隠されれば隠されるほど「見たい」「欲しい」という欲求が強くなる。
人に嘘を信じ込ませたいときには、わざと盗み聴きさせる。

締め切りによる心理効果
弱い脅しが一番効く。
あまりに強すぎる脅しは逆効果。

比較させて判断を迷わせる。
見え透いているからする効く「おだて」のトリック
自分に自信を持っている人ほど、引っかかりやすい傾向がある。
相手の自尊心を思いっきりくすぐればいい。
大義名分を与えて相手の決断を惑わせる。
「家族のため」「子供のため」

最初の一言ではニコニコ微笑み、「お会いできて光栄です」

人から頼られると優越感をくすぐられる。

手で口を隠そうとする女性はエッチが多い。

頬ずえは抱擁の代償行為

脚を深く組む女性は自己防衛心が強い。
両脚をしっかり閉じる女性は男性を拒絶する気持ちが強い。
脚を強調するような女性は男性からの誘いを待っている。
両脚を軽く開いた状態は開放的である場合が多い。
脚を左右に動かしている人は、特に男性に対して開放的である。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA