ユダヤに学ぶ 生きるヒント / 前島 誠

一般論はいますぐ捨てよ。
狭き門から入れ
自分がやった良いことは人に言うな。

ユダヤの教育

①生きた体験を通して学ぶ。自国の歴史を教えるのに教科書は使わない。
子どもに自分で取材させる。
②手のひらは与えるためにある。
③現実をありのままに見つめさせる。
④言いたいことは何でも言ってよい。
⑤ヤル気こそ最良の教師

1、自分の判断を一方的に押し付けない。嫌われるタイプは、相手に聞こうという姿勢がない。
2、話題を自分サイドに引き込まない。
3、不用意にしゃしゃりでない。好かれたいと思うなら自分を全面に押し出さないことだ。
その場全体に配慮して、自分本位の言動はできるだけ慎むようにする。
4、できるだけ広い範囲に興味と関心を示す。

自分の欠けたところに目をつぶるな。

つまらぬプライドを捨てたから道が開けた。

得にならない言い分けはやめよ。

ふだんできないことをできるチャンスは見逃すな。

「味覚」を磨けば「知性」も光る。

「理解する」とはもともと「味わう」という意味。

魅力ある人の条件は、心の広いことである。

自分で自分を笑えるゆとりと強さ

「ルール」のための人生を送るな

まにめな人間ほど「マニュアル人間」になりやすい

いつも正しい側に立ってものを言うな。

無意識にしていることほど人を傷付けやすい。

友とは一度乗ったら乗り方を忘れない自転車のようなもの。

ユダヤ人は「沈黙」を大切にする。

気持ちを伝えるには、その人と正面から向き合うだけでよい。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA