ベトナム・ベンチャー・ビジネス

華僑と組んだら失敗する。

商社経由のメリット(商社による支払い保証)
デメリット(2,3割高くなる)
男の原則は第一に妻、次が天なのです。
ベトナム女性・・質素、煙草吸わない、着るのが楽しみ
月収は夫婦それぞれ250ドル、高級官僚は85ドル、官僚は何らかのアルバイトで稼ぐ。
ベトナム工業化
ベトナムは「文章の国」、文章化は極めて重要である。
日本人はアジアの中で最高に好かれている。

ベトナムの魅力

①後発の利益の豊潤な可能性
②試作コストが極めて安い。
③100万円程度でベンチャービジネス
④上場して潤沢なキャピタル・ゲインを集めることができる。
⑤人口約8000万人
⑥都市部の経済成長率は年率10%を超える。
⑦優れた提案には、政府の官僚は、休日返上で対応する。
⑧優秀なエンジニアがあふれるほど豊富
⑨誇り高く知性豊かな知識層
⑩信義を重んじる純朴な国民性
⑪芸術性芳醇な美女国
⑫王朝文化
⑬和食に近いベトナム料理
⑭彩り豊かな少数民族の文化(53民族)
⑮生活費安い
⑯治安がいい。

ベトナムは安物買いの銭失いに懲りた。質重視。
中国製品には負ける。

ベトナムで何かを購入して、世界に輸出すると、年利回りは数100%を超える。

①フルーツ
②加工フルーツ
③野菜、ハーブ、薬草
④蜂蜜
⑤花
⑥木工品
⑦木炭、竹炭
⑧美術陶磁器
⑨ベトナムシルク製品
⑩茶
⑪ワイン
⑫小型住宅
⑬小型船舶

自分の販売路がないと困難
病院投資が面白い。
コミニケーション・リスク(日本人と感性が近いため、つい錯覚してしまう)
パートナーの分散化を図るリスク・ヘッジが極めて重要。
自由の国、ベトナム
芸術エネルギー
シルバーストーンの法則・・自動車の生産コストは、生産台数が一定のレベルに達すると急激に安くなる。電気自動車のベンチャービジネス
山村に残る宝の山(リゾート・ビジネスの可能性は大きい)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA