ビジネス

新入社員のための営業マン入門 / 山口裕

Contents1 営業の原点2 職業意識3 心構え4 応酬話法5 購買心理 AIDMAの法則6 新規顧客の流れ 営業の原点 ①営業とは人間関係である。 ②営業とは効用を売る事である。 ③営業とは競争他社と差別化をめぐる…

コメントなし

買う気にさせる営業心理学 / 鈴木丈織

Contents1 お客様がためらう心理を取り除く2 お客様が買う気になる7つの心理3 お客様に買おうと決断させる7つのムード4 7つの言葉 お客様がためらう心理を取り除く 騙されるのでは・・と疑っている。 ⇒実験やデー…

コメントなし

世界を救う7人の日本人~国際貢献の教科書~ / 池上彰

Contents1 「水の問題」を救う - 沖大幹2 「復興支援の問題」を救う - 穴戸健一3 「命の問題」を救う - 藤田則子4 「食料の問題」を救う - 坪井達史5 「教育の問題」を救う - 原雅祐6 「経済の問題」…

コメントなし

営業力をつける (知のノウハウ) / 三宅寿雄

独立するや否や自慢げに、「社長」の肩書きがついた名刺を配りまくる人は、考えものである。 何よりも「自分の後ろにはもっと立派な社長がいる」とお客様に思われたほうがいい。 Contents1 営業のポイント2 営業マンの人格…

コメントなし

新衰退国・ニッポンを生き抜く マネーの鉄則 / 岡崎良介

Contents1 検証・相場ローテーション1.1 9つの法則の検証2 マネーの鉄則 検証・相場ローテーション 9つの法則の検証 ①米国REIT(不動産投資信託)指数が高値から15%以上下落すると、その時点から1年以内に…

コメントなし

格付け洗脳とアメリカ支配の終わり / 本山美彦

Contents1 SECが生み出した認証制度という名の詐欺2 世界中に格付け会社が誕生3 公的制作から企業の生死まで左右する「現世の閻魔大王」4 S&Pとムーディーズでは、信用リスク測定のアプローチが違う。 S…

コメントなし

結局「仕組み」を作った人が勝っている / 高橋学・荒濱一

Contents1 「仕組み」の5つのカテゴリー1.1 ■インターネット・ビジネス1.1.1 ☆情報商材1.1.2 ☆メルマガ1.1.3 ☆ドロップシッピング1.2 ■情報起業1.3 ■ビジネスオーナー1.4 ■投資(不…

コメントなし

営業マンは心理学者 / 高城幸司

Contents1 お客様の心の窓を上手に開く2 商品の説明よりもよりよい人間関係をつくる3 容認のテクニック4 心からNOというケースは少ない。YESでない理由を追求していく お客様の心の窓を上手に開く 心理戦にはすべ…

コメントなし

「華僑」サバイバル秘訓―逆境を乗りきる実戦の知恵24カ条 / 松本一男

Contents1 薄利多売、掛売りはしない、信用第一2 応対をきちんとせよ。3 商品に精通し、仕入れが的確であれば、資金負担も軽くすむ。4 無益な競争はやめよ 薄利多売、掛売りはしない、信用第一 人を見分ける力をつけよ…

コメントなし

続年収300万円時代を生き抜く経済学 / 森永卓郎

生活を無理なく見直し豊かに暮らす知恵と工夫 ・限られた収入を効率的に使って、いかに幸福な生活をつかむか Contents1 支出を見直そう1.1 ・交渉力次第で住宅ローンの金利は下げられる。1.2 ・必要以上に掛けすぎて…

コメントなし

世界の半分が飢えるのはなぜ?/ジャン・ジグレール著、たかおかまゆみ訳、勝俣誠 監訳

先進国では、飢えは自然淘汰、必要悪。 爆発する世界人口を抑えるのに一役かっているという思いをもっている人がいる。 Contents1 金持ちのごみは貧乏人の食事2 牛が食べ、人が飢える。3 飢えの原因 金持ちのごみは貧乏…

コメントなし

すべての経済はバブルに通じる/小幡 績

バブルの本質 バブルに対する一般の認識は、ほとんど誤りである。 バブル最中、誰もがバブルを知っている。 バブルだから投資する。 かくしてバブルは加速する。 全員の「抜け駆け」はあり得ない。 バブルは覇権交代の引き金 原油…

コメントなし

抜群の信用を生む 営業マンの掟/部奈壮一

Contents1 相手にとっていい話を必ずもっていけ2 「売れさえすればよい」を連呼する営業マンに将来はない。3 新入社員から嫌われる10の掟4 お客にかわいがられる営業マン10の条件 相手にとっていい話を必ずもってい…

コメントなし

アップルのデザイン ~ジョブズは”究極”をどう生み出したのか/日経デザイン

創造力というのは、いろいろなものをつなぐ力だ あらゆる接点を細部までデザイン Contents1 アップルのデザイン投資2 デザインのためなら流通とでも戦う3 相手は違えど一貫するメッセージ アップルのデザイン投資 ・製…

コメントなし

スティーブ・ジョブズの王国 ~アップルはいかにして世界を変えたか/マイケル・モーリッツ、林信行

アップルはコーポレート・カルチャー委員会を設け、社員の目的意識を明確に意味づける仕事に全力で取り組んだ。 Contents1 ①顧客/ユーザ-との一体感2 ②目標達成/積極性3 ③社会への積極的な貢献4 ④技術革新/ビジ…

コメントなし

食がわかれば世界経済がわかる/榊原 英資

Contents1 アングロサクソンが世界経済を支配できた原因は、産業革命よりも「食」を押さえたことにあった。1.1 「食は資源なり」1.2 「食は文化なり」1.3 アングロサクソン国家1.4 アジア・ラテン国家1.5 …

コメントなし

Google なぜグーグルは創業6年で世界企業になったのか/戦略経営協会

グーグルのコアコンピタンスを分析する ■全体経営レベルにおけるメタ・コンピタンス ①サーゲイ+ラリー+エリックの「トロイカ型経営」 ②「グーグル・ブランド」の持続的な創出力 ③「グーグル・ファイル・システム」(GFS)の…

コメントなし

インドを知らんで明日の日本を語ったらあかんよ/竹村 健一、榊原 英資

世界がインドに注目している。 21世紀前半、世界一の成長が予想されるインド インドの潜在成長力はきわめて高い。 古来、中国とインドは大きなGDPを占めていた。 現在はパソコンとソフトウェアの時代 勉強すれば貧困から抜け出…

コメントなし

強い円は日本の国益/榊原 英資

円高政策 情報化・資源の稀少化の時代へ 工業大国から環境・農業重視へ ①21世紀は天然資源の時代 天然資源は稀少商品化し、その価格は上がり続ける可能性がある。 逆に工業品・ハイテク製品は陳腐化し、その価格を下げていく。 …

コメントなし

一流の営業マンだけが使っている魔法のひと言/丸山景右

Contents1 営業の4つの壁の乗り越え方2 お客のタイプ別攻略法2.1 直情型・行動派タイプ2.2 優柔不断・理論派タイプ2.3 おしゃべり型2.4 せっかち型2.5 内気・内向型2.6 神経質型2.7 いばりたが…

コメントなし

悪徳セールス撃退法/日本消費者連盟

Contents1 ドアを開けさせるテクニック集2 クロージング3 バーゲン4 母親テスト商法5 クーリングオフできないケース ドアを開けさせるテクニック集 「どの段階で名前を名乗るか」は大変な問題 ①まず、電気メーター…

コメントなし

税金官僚から逃がせ隠せ個人資産/副島隆彦

Contents1 国税庁に狙われる金持ちたちの資産2 富裕層の必死のキャピタルフライト2.0.1 どのように資産を逃がし、隠すか3 金融商品と税制にだまされるな 国税庁に狙われる金持ちたちの資産 ・注意すべき日本国内の…

コメントなし

国民を貧困にする重税国家 日本/須田慎一郎

Contents1 大増税へと舵を切った安倍政権2 一般庶民からも惜しみなく税金が奪われる3 富裕層の資産逃避がこれから狙われる4 安倍政権の最大の政策課題は行財政改革にある5 これから資産をどうやって守っていくか 大増…

コメントなし

お金の教養ーみんなが知らないお金の「仕組み」/泉正人

資産運用は自転車の運転と同じ 世の中にはお金が流れるお金の島がある。 ①会社の所有者の1人になる株 ②お金を貸して利息を受取る債券 ③土地や建物を売買する不動産 ④石油などの商品に投資する商品取引 ⑤他の国の島に行く時に…

コメントなし

国家破産で起きる36の出来事/浅井隆

■国家破産で起きる36の出来事 預金封鎖 引き出し制限 デノミ 新円切替(通貨が紙切れ) 国債デフォルト 国債暴落(金利上昇) 大規模な金融危機 大増税 罰金の強化 海外へのキャピタルフライト規制 金の保有把握と制限 大…

コメントなし

財務省の逆襲 誰のための消費税増税だったのか/高橋洋一

Contents1 ■こうして誰もかれも消費税増税に突き進んだ2 ■財務省が本当に財政再建するつもりはない。3 ■消費増税が経済にもたらす影響4 ■減税か財政支出か5 ■「増税翼賛会」はこうして出来上がった。飼いならされ…

コメントなし

お金の地図 -先の見えない時代を生き抜くお金の基本/泉正人

お金はどこに消えている? Contents1 自分のお金のクセを把握する。2 使用不明金をなくせ3 3つの貯金箱 自分のお金のクセを把握する。 ・コンビニやスーパーに行くと、つい余計なものを買ってしまう ・まとめ買いする…

コメントなし

お金とつきあう7つの原則 / 山崎元

①小さな節約をしない。 小さな節約をしても大きなムダが1つでもあったら意味がない。 ②「人的資本」に投資する。 勤労者の最も大きな資産は自分自身である。 人的資本の価値をアップするほうがお金の運用で儲けるよりも遥かに効果…

コメントなし

税金を払わない終身旅行者 / 木村昭二

Contents1 ■「PT」という生き方2 ■合法的な節税法、まず「日本の非居住者」になるスキーム3 ■合法的な「究極の節税法PT」とは3.1 ①第一のフラッグ:国籍を持つ国3.2 ②第二のフラッグ:ビジネスを営む国3…

コメントなし

金持ち父さんのお金の秘密 / ロバート・キヨサキ、シャロン・レクター、白根美保子 訳

Contents1 お金の秘密 その1 金儲けのための新しいルールを学ぶ2 お金の秘密 その2 稼ぐためではなく、学ぶために働く3 お金の秘密 その3 お金を自分のために働かせる。4 お金の秘密 その4 お金を作り出す。…

コメントなし

金利がわかると経済の動きが読めてくる / 鈴木雅光

経済が成長しなければ金利は上がりません。 経済が成長しているからこそ、個人消費が活発になり、企業もどんどん設備投資を行います。 それが資金需要を高め、金利を押し上げる原動力になります。 物価上昇=金利上昇 物価下落=金利…

コメントなし

なぜ倒産するのか-企業勝ち残りの方策 / 安田龍平

企業30年寿命説 会社が倒産しないためには業績をあげる事。 他人に迷惑をかけない理想的な整理 Contents1 倒産の主要因別分類2 資金不足の要因3 経営者の意欲喪失4 粉飾の手口 倒産の主要因別分類 ①不況型 ②外…

コメントなし

ドラッガーとの対話、未来を読みきる力 / 小林薫

組織を人に合わせよ Contents1 先見力6つの源泉2 小売業の本質3 革新7つの窓 先見力6つの源泉 ①マクロ(経済)とミクロ(経営)との両方に強い。 ②歴史に対する該博な知識 ③その知識と思考がグローバルに広がっ…

コメントなし

だから儲かる / 木子吉永

Contents1 経営術2 ヒト使い3 社長実学4 売上UP 経営術 組織を円型にし役職をなくせ。ピラミッド型にするな。 小さな会社はマイナスばかり。 チマチマした経費節約をスローガンにするな。 会社は粗利獲得業だ。売…

コメントなし

世界連鎖恐慌の犯人 / 堀紘一

アメリカMBA成績上位者の進路 ・経営コンサルタント ・インベストメントバンク 人生お金だけではないと、知的満足を求める人がコンサルティング会社に行く。 金銭欲の塊がインベストメントバンクに行く。 インベストメントバンク…

コメントなし

これだけは知っておきたい情報収集術 / 久慈力

Contents1 文章を書くための情報収集術2 雑誌記事を書くための情報収集術3 本を書くための情報収集術4 企業を相手にする場合の情報収集術 文章を書くための情報収集術 周辺から本丸に向かって攻める。 公開質問状をだ…

コメントなし

大競争時代の社長の戦略ノート / 西塚宏

Contents1 社長の役割・・自己啓発2 経営戦略3 人材育成4 製造 社長の役割・・自己啓発 ・環境の変化と自社への影響察知力を鋭敏にする。 ・不断の情報活動が必要 ・動向察知力を高める。 ・新消費パワーの時代(創…

コメントなし

超脳発想の未来ビジネス / 渡辺弘毅

生きる意味・死ぬ意味を考える。 どこに生きがいを見出すか。 あなたは売り手でしょうか?買い手でしょうか? 売り手と買い手の枠を超えたマルチコントローラーになれ。 家庭における愛情という商品の流通 本物の癒し 芸術の原点は…

コメントなし

アメリカのすごい会社 / 小谷啓

Contents1 情報と知識こそ成功する経営の鍵2 アメリカ、今日の経済成長がインフレを加速しない理由3 リストラでは成長できない。 情報と知識こそ成功する経営の鍵 情報を駆使するのが指導者。 重要なのはソフトウェア、…

コメントなし

アメリカ企業の最新事情がわかる本 / 平松陽一

マルチメデイア 人材を育成する前に適性のない人材は切り捨てる。 コンピュータ技術者より、エンターテイメントの人材を採用する。 デジタルは冷たくて無気質、無感動だ。アナログは暖かくて情緒的で感動させる。 Contents1…

コメントなし

知って得する著作権 知らなきゃ損する著作権 著作権ビジネス活用法 / 富樫康明

Contents1 どんな情報でも情報物となり知的財産権が生まれる。2 著作権証明方法3 著作権の事実証明(著作物の内容を証明するもの) どんな情報でも情報物となり知的財産権が生まれる。 著作権は著作者に無断で使用しては…

コメントなし

30万円でらくらく株式会社をつくる本 / 川崎祐司

Contents1 法人の設立2 タックス・ヘイブン3 特許王国アメリカ 法人の設立 (株式会社) ・税金面で有利・・賢く節税できる。 個人事業では、会社の稼ぎ=あなたの稼ぎ ・信用面で有利・・個人ではできない取引もある…

コメントなし

15歳のCEO / キャメロン・ジョンソン

幼い頃からお金の管理を任された。 PCを独学でマスター ビジネスこそ教育である。 他人に喜んでもらう喜びを知る。 お金儲けと同時に寄付も重要だ。 長期にわたってお金を儲けつづけているというのは、それだけ社会に付加価値を与…

コメントなし

中国大分裂―日本を襲う恐怖の衝撃波 / 宮崎正弘

経済破綻が中国を16に分裂させる。 ①地政学的 ②言語圏 ③民族別 ④区域別(内蒙古、ウイグル、チベット) ⑤経済圏が独立 鍵になるのは人民解放軍 中国はマフィア連邦である。 中国経済を牛耳る(上海)マフィア 68万人を…

コメントなし

総合商社ビックバン / 河村幹夫・林川眞善

商社は取引仲介業者を業務としていたので、実質的にリスクをとるケースが少なかった。 しかし、海外進出において本格的にリターンを狙ってリスクをとるようになるが、これまでの感受性により失速していく。 Contents1 戦後復…

コメントなし

人民元大崩壊―中国発「世界連鎖恐慌」の衝撃 / 宮崎正弘

YEN。所詮投機で儲かるときだけ保有される太平の世のバーチャルマネー。 損な局面と見ればさっさと米ドルかユーロに交換される。 「レッドチップ」暴落。原因は近い将来の人民元切り下げ懸念にマーケットが敏感に反応したため。 中…

コメントなし

中国市場の読み方―13億人の巨大マーケット / 和中清

Contents1 中国市場の読み方2 都市マーケットのキーワード3 WTO加盟 中国市場の読み方 私企業の所得の実態は統計に反映されない。 海外投資にリスクはつきもの。今や日本で事業を続ける方がリスクが高い。 政治的な…

コメントなし

中国経済の展望 / 佐々木信彰

構造転換「重工業優先開発戦略」に則った開放社会、市場経済、消費是認主導の時代への転換 従来の「低消費―高蓄積―高速度―低効率」の悪性循環から「高消費―低蓄積―低速度―高効率」の良性循環へ 内需拡大への政策転換 輸出(順位…

コメントなし

よくわかるスーパー業界 / 国友隆一

Contents1 大店法(大規模小売店舗法)の緩和で大競争時代に入る。2 スーパーのもつ4つの側面3 ダイエーの冒険商人、中内功4 ローソンやファミマは利益を確実に上げ、伸ばしているが、親会社の救済のために使われている…

コメントなし

よくわかるホテル業界 / 土井久太郎

Contents1 ホテルの用途は時代と共に変わる。2 客室料金の決まり方3 バブル後の客室料金「価格破壊」4 イベント企画で常にホテルに夢を5 契約社員、パート・アルバイトが激増6 FBの原価率7 部門ごとに異なる利益…

コメントなし

大恐慌サバイバルマニュアル / 宮崎 正弘

NYダウが5000ドルに暴落する日 ユーロの過熱に将来の大暴落の危惧 通貨をテコにした貿易戦争でいっせいにストップ安 最強通貨が各国に売り浴びせられる。 外資中心に塗り変わる金融界 大恐慌対策 ・流動性キャッシュを多く持…

コメントなし

よくわかるエネルギー業界 / 最首公司

Contents1 エネルギー業界の御三家「電力」「都市ガス」「石油」2 競争原理の導入3 エネルギー産業をリードする東京電力4 「石油の世紀」から「環境の世紀」へ5 電力会社の様々な取り組み6 追い風の風力発電7 高圧…

コメントなし

よくわかるクレジット&カード業界 / 増渕正明

Contents1 クレジット産業の業務は「販売信用」と「消費者金融」2 取扱高3 発行枚数4 クレジット販売5 国際カード6 年会費の安い流通系カードの仕組み7 カード犯罪は年間8億円以上8 クレジット産業の代表選手は…

コメントなし

よくわかるゲーム業界 / 上田純美礼

Contents1 ハードウェア主導型からソフトウェア主導型へ2 不況知らず?ゲーム業界の発展神話3 ハイテクばかりがゲームではない。「UFOキャチャー」4 ゲームソフト制作の流れ5 クリエイターの花形、「ゲームデザイナ…

コメントなし

よくわかるコンビニ業界 / 国友隆一

Contents1 年間、全商品6.7割を入れ替えるから若者に支持される。2 チェーン形態3 CVSの1店1店の売上は本部の力によって違ってくる。4 本部によってかなり差の大きいチャージ5 安い外国製品を積極的に輸入6 …

コメントなし

中国が日本を超える日 / 日本経済新聞社

日本の1/25の人件費。勤勉な労働力 伝統工芸も移転 農業の工業化目指す生産基地 巨大証券市場、世界有数を目指す。 上場企業各社の狙いは中国人民元の低コストでの調達。 金利は5.5%。米ドルを借りるよりも1%ほど高い。 …

コメントなし

インド経済入門―動き出した最後の巨大市場 / 山崎恭平

ヒンドゥイズムとカースト ①人口の増加 ②宗教の多様性と意味 ③カーストの存在 ④人種や言語の多様性 ⑤連邦共和国 貧国と環境破壊の連鎖 環境保全産業の育成 1991~ 中間所得層の拡大が消費需要を押し上げた。 中間所得…

コメントなし

図解デノミネーション / 吉田春樹、今田寛之

100円が1円になる。 円という日本の通貨の基本単位は、米ドルに比較してはるかに小さい。 日本の通貨は基本単位でほとんど何も買えないのだ。 通用力の変化を伴わない単純な呼称変更を、単純デノミという。 デノミは通貨政策の一…

コメントなし

移行の経済学 社会主義経済から市場経済へ / マリー・ラヴィーニュ

Contents1 社会主義経済システムの土台2 マクロ経済の安定化3 8.民営化と構造改革4 民営化の目的=効率化5 受け入れ国側の動機 社会主義経済システムの土台 すべての社会主義国において、党は経済を支配していた。…

コメントなし

経済亡命マニュアル 封印されていたリッチに生きる道 / 太田晴雄

Contents1 経済亡命とは自由と人間性を取り戻す道2 ビジネスチャンスのある国3 将来の日本 経済亡命とは自由と人間性を取り戻す道 あなたの退職金で1000万坪の豪邸生活 リッチな生活は日本では無理。今日本では税金…

コメントなし

資本論(一)/ マルクス,エンゲルス,向坂 逸郎

商品、外的対象 人間のなんらかの種類の欲望を充足させる1つのもの。 価値、使用価値—投下される労働の量によって規定される。(労働の定量、時間) その他、労働者の熟練度 科学とその工学的応用の発展 生産手段の規…

コメントなし

資本論(二)/マルクス,エンゲルス,向坂 逸郎

労働力 ・生産様式 ・労働力発達の費用 ・男か女か ・成熟か未成熟か 剰余価値/労働力の価値=剰余労働/必要労働=不払労働/支払労働 労働の価値<価値生産物 労働価値が低ければ低いほど貧弱な平均賃金でも確保するためには、…

コメントなし

資本論(四)/ マルクス,エンゲルス,向坂 逸郎

貨幣はあらゆる商品の一般的等価形態である。 その所有者は労働力を買う前に、まず生産手段を買わねばならない。 移りやすい商品資本として留めているよりも貨幣形態にある方が資本は長持ちする。 商品=C不変+V可変+m(剰余価値…

コメントなし

資本論(五)/ マルクス,エンゲルス,向坂 逸郎

一般に貨幣は各個別資本が生産資本に転化されるため現れなければならない。 各商品の価格は結局、3つの部分(労働賃金、利潤、地代)のいずれか1つ、 または3つのすべてに分解される。 現実の富は、総所得にではなく、純所得に比例…

コメントなし

資本論(六)/ マルクス,エンゲルス,向坂 逸郎

商品価値=商品の費用価格は資本仕儀的生産の上では決して起こらない。 利潤は商品交換以前に存在していなければ、商品交換では生じない。 資本家は不変資本の前貸しによってのみ、労働を搾取し、 可変資本の前貸しによってのみ、不変…

コメントなし

資本論(七)/ マルクス,エンゲルス,向坂 逸郎

価格とはじつに商品の使用価値からは区別された商品の価値である。 物の価格の決定においては、時間は問題にされない。 利子の決定においては時間が主として計算に入る。 利子率の低い状態 → 繁栄期、特別利潤期 利子の上昇   …

コメントなし

資本論(八)/ マルクス,エンゲルス,向坂 逸郎

資本は土地に固定されて、土地に合体させられる。 一時的 ・科学的性質の諸改良 ・施肥 永久的 ・排水溝 ・灌漑設備 ・農場建物 土地の価値は非農業人口の増大、欲望、社会的発展の進行および需要とともに発展する。 地代は農業…

コメントなし

資本論(九)/ マルクス,エンゲルス,向坂 逸郎

資本―利潤(企業者利得+利子) 労働―労働賃金 土地―地代 社会的生産過程の一切の秘密をひそめている三位一体の形態 (前者は理由、原因。後者は帰結、結果) 平均利潤+地代=剰余価値 < ありうる > ありえない 価値規定…

コメントなし

世界を動かす悪魔の地下経済 / 草刈 龍平

Contents1 世界を動かす悪魔の地下経済1.1 アメリカ不動産投資。最高値で売りつけ、最安値で買いたたく。1.2 国際金融資本は日本を彼らのための生産基地にしようと考えていた。1.3 ビックバン1.4 金融戦争で国…

コメントなし

日本「地下経済」白書―23.2兆円!驚異のアングラ・マネー / 門倉貴史

Contents1 日本「地下経済」白書1.1 イタリアが破綻しないのは地下経済のおかげ。1.2 日本の地下経済は小さい。 日本「地下経済」白書 援助交際の相場5~10万、市場規模は東京都の借金と同じ。 時給31000円…

コメントなし

爆発するアジア金融パワー / 恩田穣

Contents1 個人投資家のグローバル化の時代2 香港3 シンガポール4 タイ5 マレーシア6 インドネシア7 フィリピン8 台湾9 韓国10 中国11 ベトナム12 インド13 アジア金融市場の特色をつかめ14 エ…

コメントなし

歴史の波動―経済覇権は循環する / 加藤雅

似たようなことは繰り返す。進歩は疑わしい。 覇権国はどんな特性をもっているか。 ①島国であって、軍事的に国土を防衛するコストが小さい。(ただし海軍は世界最強) ②政治的には共和制であるか実質的にそうである。 ③信仰面など…

コメントなし

税金亡命 / 古橋隆之

私たち日本人にとっての税金とは「納める」というより、「取られる」もの。 これは封建社会から現代社会への変遷がすべて、市民でなく、お上によって行われてきた歴史背景が影響している。 源泉徴収制度で国民が納税者意識をなくす。 …

コメントなし

ハーバード・ビジネス・スクールの経営教育 / デイビット・W・ユーイング、茂木

Contents1 マーケテイングミックス2 教育方針3 好意的な相手を見て話せ。リハーサルをせよ。討議のなるべくはやくに発言せよ。4 クラス討論により発言のタイミング(いつ口を開き、いつ閉じるか)に対するカンを養う。5…

コメントなし

はじめてのSOHO入門 / 星 望

Contents1 あらゆる分野に広がるSOHO事業者2 SOHOの魅力は自分のあったスタイルで仕事ができること。3 SOHO向きの仕事4 プロバイダーを選ぶときはここに注意。5 営業成功のツボ あらゆる分野に広がるSO…

コメントなし

パソコンでする超情報整理術 / 西沢 利治

ビジネス用メモ、PIMソフト(個人向け情報管理ソフト)「サイドキック」のメモ帳機能 新製品発表後の型落ちしたハードを買う。 「プレインストール」など、ソフトとハードをセットで販売するやり方を「バンドル」という。 テレビ受…

コメントなし

パソコンで在宅ワーク / 古庄 裕治

Contents1 ホームワーク2 データ入力3 オンライン出版 ホームワーク ①事業化 JCA http://www.jca.ax.apc.org ②会員制にして会員にパスワードを教えることで情報量をとる。 ③オンライ…

コメントなし

よくわかるレジャー業界 / 山田絋祥

Contents1 10周年周期で変わってきた日本のレジャー2 レジャー産業発展のための5つの条件3 レジャー産業がもつ5つの産業特性4 余暇市場は大きく4つの部門に分かれる。5 ポストバブルのレジャー動向6 ゴルフ7 …

コメントなし

よくわかる医薬品業界 / 野口真

Contents1 医薬品業界の特色2 業界は大きく分けて、医療用医薬品メーカーと、大衆薬メーカーがある。3 外資系企業の日本進出4 各企業のフィランソロピー度5 主要メーカー売上ランク6 薬が世に出る確率は0・01%7…

コメントなし

よくわかる運輸業界 / 齋藤実

Contents1 輸送サービスを商品として提供2 業界に中小企業が多いわけ3 業界特有の問題点4 新規参入の増加と不況で競争が激化5 世界の超マンモス企業、日本通運6 経済発展で必要なニーズに合ったのが宅配便7 時代の…

コメントなし

よくわかる外食業界 / 国友隆一

Contents1 お客がみて存在する意義のある店だけが生き残る。2 供給ルート確保のため参入する食品メーカーや商社3 仕入れ、製造、配送、小売をシステム化4 マネジメント志向の東京勢、個性重視の地方勢5 紛らわしい名前…

コメントなし

よくわかる銀行業界 / 鈴田敦之

Contents1 預金者争いも「質」の時代に2 戦後の銀行合併史、救済型から自由化対応型へ3 都銀の作戦参謀本部「都銀懇」4 銀行の新たな顔、調査部長 預金者争いも「質」の時代に 都銀の有人店舗は3年連続で減少中 変革…

コメントなし

YENの悲劇 / 吉田恒

設備投資の急激な変動こそが、90年代前半の日本経済バブル破裂における重要な鍵であった。 「バブル破裂局面ではマクロ政策の効果はない」 日銀の利上げが後手に回るのは円高への遠慮と懸念が大きな理由であり、 その結果、後手に回…

コメントなし

石油はいつなくなるのか / 小山茂樹

Contents1 石油資源はいつ枯渇するか。2 ①残存埋蔵量1兆バレル、累積生産量8000億バレル、未発見の埋蔵量5500億バレル、よって究極可採埋蔵量は2兆3500億バレル3 ②無限説 石油資源はいつ枯渇するか。 ・…

コメントなし

先物経済がわかれば本当の経済が見える / 落合莞爾

大蔵官僚と日銀エリートが土地本位制を推進した。 日本の土地と株式の時価は理論的に説明できない。 ヘッジ市場があれば資産バブルは起こらなかった。 終戦後、占領が終わったとき、先物取引を復活すべきだった。 日本人の能力をあま…

コメントなし

預金封鎖であなたの資産は消滅する / 堀篤

今は、政府の景気対策に対する信頼感は無きに等しい。 しかし、その事とは関係なく、政府・官庁は、企業の生死を決めるほどの権力を手にしてしまった。 政府の号令による不良債権の処理と、金融機関再編のためである。 不良債権の処理…

コメントなし

手にとるようにアジアのことがわかる本 / 三和総合研究所

Contents1 アジアの国境はどのようにして決められたのか?2 資本主義3 社会主義4 アジア経済はなぜこれほど成長したのか?5 アジア各国を成長させた経済政策 アジアの国境はどのようにして決められたのか? ①植民地…

コメントなし

アメリカで働くためのQ&A / 亜紀書房

仕事さがしに有利な資格 四大卒、医師、弁護士、CPAなど 人気の高いビジネス学部(会計学、ビジネス) 売り手市場のコンピュータ学専攻 特にコンピュータ関連企業でなくても、コンピュータに詳しい人を置くようになっている。 英…

コメントなし

日本の反省―「豊かさ」は終わったか / 飯田 経夫

おそらく日本の大学教育は、いまや世界最低だろう。 私たち年長者は、躾を完全に間違えて、とんでもない若者しか育てることが出来なかったのだ。 不況で深刻な深手を負ったのは、金融業だった。 バブル経済の影響で、好況がいつまでつ…

コメントなし

手に取るようにユビキタスがわかる本 / 荒川弘熙、日高昇治

Contents1 「いたるところに存在する」という意味。2 特徴3 GPSによるモバイルサービス4 ユビキタス5 アクセス技術6 有線ネットワーク技術7 無線ネットワーク技術8 デバイスアクセス技術9 アプリケーション…

コメントなし

よくわかる建設業界 / 長門昇

受注産業である。 統合産業である。 固有の土地で一品生産である。 屋外生産である。 Contents1 99%以上が中小企業2 日本のゼネコンは大きいが海外シェアは低い。3 建設業界に品質管理は最初に導入したのは竹中工務…

コメントなし

よくわかる広告業界 / 寺田信之助

Contents1 広告会社OR広告代理店  実態が変われば名も変わる。2 広告主が広告会社に期待すること3 広告会社の重視課題4 広告主が広告会社を評価する内容5 広告会社は「何でもあり」6 専門広告会社7 日本最初の…

コメントなし

よくわかる航空業界 / 井上雅之

Contents1 国際線での取扱高を増やす日本の航空会社2 航空法の認可基準3 200億のジャンボ機はリーズで調達4 衛星による新航空管制システムの実用化へ 国際線での取扱高を増やす日本の航空会社 国内線では厳しい経営…

コメントなし

よくわかる自動車業界 / 鵜澤利高

Contents1 米国の圧力に屈した自動車部品2 日本人の1割が自動車関連産業に従事している。3 自動車の税金4 自動車関係諸税の国際比較 米国の圧力に屈した自動車部品 輸入車の1人勝ち、円高と輸入関税ゼロが影響。 円…

コメントなし

よくわかる住宅業界 / 池上博史

Contents1 不満率が5割という住宅後進国、日本。2 住宅産業のあゆみ3 すそ野が広い内需産業4 マンション編、ポスト・第六次ブームで問われる企画力 不満率が5割という住宅後進国、日本。 地価下落は住宅取得には朗報…

コメントなし

よくわかる商社業界 / 八木大介、三枝亨

Contents1 商社の複雑多様さ2 「足りないものをうまく組み合わせて、大きな価値を作り出す機能」3 鉄鋼・金属 総合商社のシェアが侵食4 商社の分社化5 三国間取引が伸びる。6 エリートの必要条件7 21世紀の商社…

コメントなし

よくわかる消費者金融業界 / 山本義夫、増渕正明

Contents1 質屋がなくなって消費者金融が生まれた。2 バブル経済につまずかなかった理由3 業界が抱える課題4 「与信」と「回収」が消費者金融業の2大業務である。5 「みなし弁済」規定により高金利がとれる。6 自動…

コメントなし

よくわかる証券業界 / 高橋元

Contents1 株価低迷で離散する投資家2 株式の3つの性格と株主の権利3 証券業界の業務4本柱 株価低迷で離散する投資家 古い体質には早すぎたハイテク化 証券社員数は3割以上の減少 3社に2社が総合証券会社 野村證…

コメントなし

よくわかる食品業界 / 芝崎希美夫、田村馨

Contents1 食品業界は40兆円の巨大産業2 多種多様な業種構成3 食品産業の多様化4 品質管理は、製造工程中の温度、湿度、圧力、流量、phなどを計測して間接的に行われる。 食品業界は40兆円の巨大産業 第一のルー…

コメントなし

よくわかる生保業界 / 千葉明

生保事業と損保事業、相互参入の実現 攻める損保、守る生保 Contents1 生命保険の4つの基本型2 整備された教育制度3 「安全性、収益性、公共性」の原則 生命保険の4つの基本型 ①死亡保険(終身保険、定期保険) ②…

コメントなし

よくわかる石油業界 / 渡辺昇

Contents1 石油業界の特徴2 石油の動向は国際政治経済のバロメーター3 消費地精製方式4 ランチェスターの法則5 グループ別精製能力、シェア6 新しい元売り対抗勢力7 SSの三業態8 日本のガソリンは欧米に比べて…

コメントなし

よくわかる地銀・信金業界 / 増渕正明、福岡和夫

Contents1 「新たな経営コンセプトの構築」が何よりも重要である。2 ローンと保険を組み合わせた生・損保提携商品3 信用金庫の仕組み、中小企業に特化した金融機関 「新たな経営コンセプトの構築」が何よりも重要である。…

コメントなし

よくわかる通販業界 / 鈴木真由美

通信販売の専業会社が101社、デパートやカード会社などとの兼業会社が127社ある。 地方に多い通販会社・・土地代や人件費などのコスト問題、人材確保を含めた企業文化に関わる問題 Contents1 通販の魅力2 通販の課題…

コメントなし

よくわかる流通業界 / 高山邦輔

Contents1 大規模出店競争2 通販・無店舗小売業の弱点3 急速にスピードを増す商店街の衰亡ぶり。4 大量消費時代から大衆消費時代へ。5 日本のライバル関係はグレードで決まる。 大規模出店競争 単独店からSCの時代…

コメントなし

よくわかる旅行業界 / 小島郁夫

Contents1 大手企業から零細企業まで13000社がひしめく2 パックツアーの作り方3 海外ツアー最新事情4 国内旅行事情 激安ツアーが人気5 旅行会社任せにしない。受け身の姿勢では高い料金を取られる。優先順位をつ…

コメントなし

ベトナム・ベンチャー・ビジネス

Contents1 華僑と組んだら失敗する。2 ベトナムの魅力3 ベトナムで何かを購入して、世界に輸出すると、年利回りは数100%を超える。 華僑と組んだら失敗する。 商社経由のメリット(商社による支払い保証) デメリッ…

コメントなし

ベンチャー起業と投資の実際知識 / 小野正

Contents1 ベンチャー・エコノミー2 日本のベンチャー・エコノミー3 起業プロセス4 ベンチャーの経営5 ベンチャー・ファイナンス6 ベンチャーの損益状況 ベンチャー・エコノミー ①異質性、独自性、希少性の追求 …

コメントなし

ホンダをつくったもう1人の創業者 / 大河 滋

Contents1 ホンダをつくったもう1人の創業者1.1 「三つの喜び」1.2 「三つの自由」1.3 「三現主義」・・「現場」「現物」「現実」1.4 3つの鏡 ホンダをつくったもう1人の創業者 無謀とも思える設備投資と…

コメントなし

よくわかる販売促進入門 / 大槻 陽一,加藤 鐐次

Contents1 よくわかる販売促進入門1.1 セールスキャンペーン1.2 統合プロモーション よくわかる販売促進入門 セールスキャンペーン   統合プロモーション (商品そのものよりもブランド・企業に好意を…

コメントなし

会社を救う4つの力 / 片山修

Contents1 ①革新力 ソニー2 ②元気力 日本マクドナルド3 ③人間力 ホンダ4 ④適応力 セブンイレブン ①革新力 ソニー スマートさの中で「泥臭い」営業 変わり身の速さ 不況のときこそ「商品ありき」 「活人」…

コメントなし

会社を強くする条件 /佐藤 忠

Contents1 企業倒産の主な原因は社内にある。2 絶えず新しい顧客を開拓せよ。3 マンモス企業は官僚主義に陥りやすい。4 狙われやすい企業の体質5 事業が成長発展するほどに、社会から批判されることが増えてくる。 企…

コメントなし

企業倒産の研究 / 太田三郎

Contents1 戸田の研究2 後藤の研究3 企業倒産の原因 戸田の研究 Z=1.000X①+0.357X②+0.032X③-0.318X④+0.123X⑤-4.610 X①=(年間純利益/年間売上高)×100 X②=…

コメントなし

危険度データでわかる危ない会社、倒産する会社

Contents1 倒産が倒産の連鎖をよぶ。1.1 製造業1.2 ゼネコン1.3 商社、卸小売1.4 小売業界1.5 サービス1.6 金融業 倒産が倒産の連鎖をよぶ。 不良債権、わが子を切る。貸し渋りがゼネコンの倒産を生…

コメントなし

競争戦略論Ⅰ/ マイケル・E. ポーター

Contents1 競争戦略論2 参入障壁3 オペレーションの効率化は戦略ではない。4 戦略を持たない日本企業。5 業界の魅力を決定する要因6 技術が生み出す競争優位7 情報革命によるチャンスを生かす5つのステップ8 衰…

コメントなし

驚異の新商売、これがマッチングビジネスだ / 杉山勝行

Contents1 マッチングビジネスのタイプ1.1 成功する方法1.2 ストア型インターネット通販の成功のポイント マッチングビジネスのタイプ ストア型 仲介型 ①エージェント型 ②コンサルティング型 ③胴元型 ama…

コメントなし

経営の質を高める8つの基準 -日本経営品質賞のねらい / 大久保寛司

Contents1 リーダーシップ2 情報・データの共有化3 人材開発と学習環境3.1 ・学習環境3.2 ・社員の教育・訓練・自己啓発3.3 ・社員満足3.4 プロセス・マネジメント3.5 顧客への対応 リーダーシップ …

コメントなし

経営の心 / 松下正治 – 松下幸之助とともに50年

Contents1 経営の心1.1 「四百四病の病より、貧ほどつらいものはない」1.2 共存共栄が一番難しいのは、同業者間1.3 ガラス張り経営1.4 社員稼業1.5 住み込み店員制度1.6 五精神1.7 ダム経営1.8…

コメントなし

経営組織論の基礎 / 高橋正泰

Contents1 1.事業部制組織1.1 ①歴史的背景1.2 ②事業部制組織の特徴1.3 ③事業部制組織の長所1.4 ④事業部制組織短所2 2.マトリックス組織2.1 ①歴史的背景2.2 ②特徴2.3 ③長所2.4 ④…

コメントなし

現代の人材開発 / 森本隆男

Contents1 現代の人材開発2 キャリア・デイベロップメントプログラム(CDP)2.1 1.医薬品製造業2.2 2.食品業界2.3 3.化学産業2.4 4.コンピュータソフト製造産業2.5 5.金融業2.6 6.旅…

コメントなし

個人ミニ商売60選 / 大野勝彦・前田智幸・井上マサユキ

自分の商売に惚れこまなければ絶対に成功しない。 自分の儲けよりお客の儲けを優先せよ。 商品力や技術力だけで商売は成り立たない。 豊富な時代だからこそ、営業力がないと売れない。 ・予約サービス ・共同輸入サービス ・インタ…

コメントなし

実践フランチャイズ・ビジネス / ジョセフ・R・マキューゾ、ドナルド・D・ボロイアン

Contents1 フランチャイズの種類2 重要な特性3 避けるべきフランチャイズ本部4 どのような業種がフランチャイズ向きか。5 フランチャイズを成功させる条件 フランチャイズの種類 ①ビジネス・フォーマット・フランチ…

コメントなし

週末起業これで私もお金持ちかも / 藤井孝一

Contents1 「週末起業」はビジネスマンのキャリア革命だ。1.1 ①会社を辞めずに始める。1.2 ②小資本で始める。1.3 ③インターネットを使う。 「週末起業」はビジネスマンのキャリア革命だ。 「週末起業」はアメ…

コメントなし

増減資・株式分割併合の実務 /大田昭和監査法人

Contents1 増資・減資・株式構成の変動1.1 増資の目的1.2 減資の目的1.3 株式分割の効果1.3.1 ・有償減資1.3.2 ・無償減資 増資・減資・株式構成の変動 増資の目的 ・株主の投資回収を容易にする。…

コメントなし

小さい会社をつくる マイクロ企業の時代 / 池ノ上直隆

わが国で起業家が育ちにくいのは教育が充実していなかったから。 冷戦構造の崩壊が起業を変える。 公務員のリストラがやってくる。 起業家とは革新者のことである。 Contents1 成功のポイント2 自己実現への強い欲望3 …

コメントなし

光と影 海外進出企業10社の奇跡 / (財)機械振興協会経済研究所、NOMA総研、(株)日本経営協会総合研究所

「現地化」の哲学を貫海外事業展開  アルプス電気 アルプス電気のスタートは、創業者である現会長片岡勝太郎氏が昭和28年に東芝を退社し、「片岡電気」を設立した時に遡る。 創業当事はラジオ用ロータリースイッチのメーカーであっ…

コメントなし

比較日本の会社情報処理サービス / 竹田義則、室隆志

Contents1 統合システムの構築をユーザーに代わって専門に行うのがシステム・インテグレーター2 クライアント・サーバーが主流の時代、オープンシステム、ネットワークが基礎に3 多角化競争の時代を迎えた情報処理サービス…

コメントなし

新版 日経新聞の徹底活用 / 宮崎正弘

Contents1 すぐに役立つデータノート2 7面右下に注目せよ3 企画マンが絶対に見逃せないページ4 信頼に足る客観冷静な社説5 活字発想を超えたいときは日経セミナー すぐに役立つデータノート 重要な切り抜きの法則 …

コメントなし

図解でわかる個人情報保護 / 藤野剛士

Contents1 個人情報漏洩チェックポイント2 個人情報をめぐる様々なビジネス3 個人情報保護の原則 個人情報漏洩チェックポイント ①社外の人間が職場にいてもわからない。 ②データを自由にFDやMOにコピーできる。 …

コメントなし

人心をつかむ経営 / 日経流通新聞

Contents1 東武百貨店・・山中2 菱食社長・・広田 正3 オンキョー・・大朏 直人4 西武百貨店・・和田 繁明5 マツモトキヨシ・・国行 清6 日本ケンタッキーフライドチキン・・大河原 毅7 オンワード樫山・・馬…

コメントなし

ハーバードで教えるマーケティング戦略 ― 市場情報の有効活用

序章 ・情報使用の現状 「フューチャーショック」 たとえ情報を手に入れても、それが意思決定に正しく使われる保証はない。 ①狭められた選択肢 ②膨大な無駄なデータ ③重すぎる負担 ④分析トリック ⑤サイロ現象 ⑥情報の後追…

コメントなし

新版 目標による広告管理 / Solomon dutka著、八巻俊雄訳

Contents1 1.目的の力2 2.定された広告結果の意味2.1 コマーシャル・コミュニケーションの4段階 1.目的の力 お金を払う広告主は、その広告投資の見返りを知りたい。 目的 ・売上を伸ばすために ・マーケット…

コメントなし

2002年の大暴落―60年に一度の国難が日本を襲う! / ラビ・バトラ

Contents1 世界経済は強者をますます強くし、弱者をますます弱くする。2 米株高騰の理由3 日本の個人金融資産4 行き着くところは不良債権処理5 銀行の不良債権処理の処理法6 財政赤字、デフォルトの誘惑7 ブラウト…

コメントなし