パソコン投資編、チャート分析の真実 / 吉見 俊彦

ダウセオリー

①平均株価はすべてを織り込んで動いている。
②株価には3種類の波動がある。
大勢・・1~数年
二次・・中勢訂正リズム 3~数ヶ月
小波動・・日々ベース~3週間
③ライン(線)とは株価の横ばいの性質であり、売りと買いがバランスしている。
④価格と出来高の関係はパラレルである。
このパラレルが崩れるときトレンドが反転する。
強気       弱気
株価   ↑  ↓     ↓  ↑
出来高  ↑  ↓     ↑  ↓

⑤トレンドの転換はその波動に関して直前の高値を抜けずに、直前の安値を下回ってきた時とみる。
⑥上昇・下降とも3つの局面から成っている。

強気
1.最悪のニュースの消化・及び将来に対する自信回復
2.経済状態の現実の回復に対する株式の反応
3.自信過剰と投機優勢から発し、根拠のない憶測などを材料に上伸する。

弱気
1.買い動機の放棄、投資家の投売り
2.同時進行的に経済活動と企業収益の低下が明らかとなる。
3.企業の実態価値とは無関係に売られる。

⑦確認の原則
両平均株価が同一方向に動く時が、トレンド信頼度は高い。

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】


■年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA