サブプライム後の新資産運用 -10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践 / 中原圭介

日本にインフレがこない最大の原因

→労働者の賃金が全く伸びていない

日本はいまだにデフレから脱却していない。

インフレのない日本の投資家は、インフレのある国への通貨で運用する
だけで実質的な利益をもたらしてくれる。

適度にインフレのある国の通貨は、日本より金利が高いうえに相対的に価値が
上がる可能性が高い。

安定した物価上昇がこない国の通貨は長期的に売られていく傾向がある(円安)

外貨預金の押さえるポイント

・金利差

二国間の通貨の金利差が拡大傾向のときは、金利の高い通貨が買われやすく
金利が縮小傾向にあるときは、金利の低い通貨が買われやすい。

・物価上昇率

消費者物価指数の伸び率
先進国の適度な物価上昇率は1.5~2%

・経済成長率

GDPを元に計算される実質経済成長率
変動率が大きいほど、為替相場に与える影響が大きくなる。

FXではレバレッジを低くして運用する。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA