インド経済入門―動き出した最後の巨大市場 / 山崎恭平

ヒンドゥイズムとカースト

①人口の増加
②宗教の多様性と意味
③カーストの存在
④人種や言語の多様性
⑤連邦共和国

貧国と環境破壊の連鎖
環境保全産業の育成
1991~ 中間所得層の拡大が消費需要を押し上げた。
中間所得層が消費革命の中心となる。

コンシューマーリズム

①消費を促す施策(物品税引き下げ、所得税減税、課税対象額引き上げ)
②テレビ普及による刺激
③流通構造の変化(売り手市場から買い手市場へ)

中間層の増大と消費需要の拡大は内需をベースとした経済成長の可能性が大きくなるが、
持続的拡大するためには貧困層の解消しかない。

タタ、ビルラ財閥
インド(象)と中国(ドラゴン)・・経済開発のスタイルや成長のスピードを表している。
遅い     早い

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】


年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA