イシハラ式保温力を高めればコワい病気は避けられる / 石原結實

気をつけているのに病気になるのはどうして?

朝は血液の浄化をする大事なとき
人間は血液がきれいで体内にか条な老廃物がなければ、病原菌に侵されることはありません。
日本人の病気の原因のほとんどが「食べすぎ」です。

行不良は冷え性・低体温が原因血

体が冷えているサイン

・目の下にクマがある
・鼻の頭が赤くなっている
・青アザができやすい
・顔が赤い
・唇が紫っぽい
・歯茎の色素沈着が気になる
・手のひらが赤い
・お腹に手を当てると冷たい
・生理不順や不正出血がある(女性の場合)
・少し動いただけで汗をかく
・足がむくむことが多い
・運動不測である
・駅を歩くとき、階段よりエスカレーターを選ぶ
・休日は家で過ごすおとが多い
・夏は冷房のきいたところですごす
・湯船にはつからず、シャワーで済ませることが多い
・ペットボトルを持ち歩き、水分をよくとる
・和食より洋食が好きだ
・ついお腹いっぱい食べてしまう
・日本酒よりビールが好きだ

体温が上がると免疫力も上がるワケ

体温が下がる原因

①下半身の筋力の低下
②ストレスが多い
③冷房の使いすぎ
④湯船にはつからずシャワー生活
⑤薬の飲みすぎ
⑥食べ物の影響
・食べ過ぎている
・体を冷やす食べ物をとることが多い
・塩分を制限しすぎる
・水分の取りすぎ

お腹いっぱいのときに免疫力は低下する。
白血球は満腹だと働かない。
コレステロールは減らしすぎてはいけない。
体重は減らしても筋肉は落とさない。

長生きしたいなら腹八分目

・胃に負担をかける食事がいい!
・「プチ断食」が体を温める
・プチ断食で注意すべきこと
・体を温める飲み物をとり入れましょう
・健康維持のために「陰」と「陽」を知る
・高血圧は塩分だけが原因ではない
・下半身をしっかり鍛えて狭心症・心筋梗塞を予防する
・糖尿病は糖分を燃焼させて治そう
・発熱は長引かせないのがポイント
・疲労感・倦怠感は糖分の不足から
・腸を十分に活動させて便秘の改善を
・下痢は胃腸の冷えや水毒が原因だ
・湿疹・ジンマシン・アトピー性皮膚炎は老廃物と水分を排泄させるのが良策
・うつ・ノイローゼ・自律神経失調症は冷えや湿気が原因
・更年期障害・生理不順・生理痛・子宮筋腫は下半身を温めるのがコツ
・皮膚を若返らせるために
・長生きしたいなら腹八分目を徹底する

病気にならない人は体が温かい

・体を温めて病気を治す9つのコツ
・「気」の滞りが病気を引き起こす
・入浴は体を確実に温めてくれる
・東洋医学と西洋医学をミックスさせよう
・成長期が終わったら食べすぎ・飲みすぎに注意!
・感謝の気持ちが病気を治す

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA