アメリカのすごい会社 / 小谷啓

情報と知識こそ成功する経営の鍵

情報を駆使するのが指導者。
重要なのはソフトウェア、源泉は知識であり、知恵であり、情報である。
グローバル・エコノミーの時代、企業経営者は国内市場のことしか知らないのでは成長を見込めない。

読書会での地平線の探求
聖書、哲学にヒントを求める。

他業種に潜む勝ち抜くヒント
同業他社を見て仕事をしていれば大きな過ちはしない、という仮説は昔のこと。
競争能力を身につける方法として、同業者を研究するのは常識だが、今やこれだけでは不十分。
同業他社がこぞって同一の過ちを起こしているかもしれないからだ。
異業種にインスピレーションを求める。
異業種の作業プロセス研究。

失敗を鼓舞しよう。革新と失敗の関係性。失敗できない環境ではだめ。
成長産業の寿命は短い。
マーケティング(ユーザー主体)セリング(販売促進)の違い。
永久革命の推進

アメリカ、今日の経済成長がインフレを加速しない理由

①生産性が着実に向上している。
②労働者の質も高まり、技術も高まっている。
③設備投資が増加し、資本効率も高まっている。
④海外への輸出が伸び、米国企業の販路(市場)が急増している。
⑤情報・通信技術への投資が、生産性を高めている。

システム型から精神主義型への変身
コンピュータが生むスピードと精度
膨大な情報を迅速に処理する技術的能力が存在する限り、この能力をフルに活用した企業が優勢な立場に立つことになる。
①データの連結
②データの共有
③データの構造的分類

成長企業は、各自特色として選択した単一の特質を徹底的に強化し、実践しているところに共通点がある。
つまり、顧客が求めるすべての条件を一様に満足させようとしているのではなく、1つの特色だけを追求している。
・値段
・製品
・サービス

リストラでは成長できない。

①環境の恒常的な変化を認めよう。
②顧客に耳を傾けよう。(顧客が自社をどう評価しているかが、最も客観的な競合状況を知る方法だ)
③意思決定権を分散しろ。
④人材の雇用に注意しよう。

GEは年6%の成長率を半永久的に継続するよう指令。
「節約の可能性は限りなくある。人間の知恵は常に物事のより良いやり方を探すことができる」
利益を上げる構図と組織の構造が一体化していなければ、目標は達成できない。

自分が無知であることを知らないのは、一番許されない。
細分化して無駄を洗い流す。
カニバリズム(自社製品の計画的侵食を行わないと生きていけない)

年間255講座、延べ41万人が受講したお金の学校の定番講座
なかなか聞けないお金のことを短時間で効果的に学べる、入門講座
ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」
お金のレッスンスタジオ「マネテリ」

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】
参加者の95%が満足!プロが教える無料株式セミナー【株式投資スクール マナカブ.com】

年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ
ベルテックスの不動産投資セミナー

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA