よみがえる株式市場 / 三原 淳雄, 今井 澂

バブルの教訓

誰もが株を楽しめる社会
「株価と土地の高騰は持てる者と持たざる者との格差を広げる」

政策当局の間違い

①1989年に資産インフレが最高潮に達したのに、なぜ物価が安定していたか。その理由の1つに円高がある。
②1980年後半からストック化が進んだ。
60年代から70年代の高度成長期の稼ぎ(フロー)を蓄積してGDPの数倍に及ぶ資産(ストック)が積み上げられ、
多少の波風ではびくともしない経済構造になった。
③株と土地の資産価値を読めなかった。
④日本経済にインフレ懸念は全くなかった。強気。

投資の自己責任のためにわかりやすい市場を

増える社債発行
またれる不良債権の流動化
公的資金は不良債権に立ち向かうべき

金融・証券行政のリエンジニアリング

・金融長とSECを独立させよ。
・不動産の証券化を進めよう。
金融機関の抱える膨大な不良債権の処分を促進し、その背後にあって不良資産化している不動産を流動化しなければ、
真に有効な資産デフレ対策にならない。それには、、まずそれらの債権や不動産を市場に乗せる必要がある。

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】


■年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA