よくわかる銀行業界 / 鈴田敦之

預金者争いも「質」の時代に

都銀の有人店舗は3年連続で減少中
変革を迫る自己資本比率8%
手当てが厚く、高収入、銀行マンはおいしい。
一番働く銀行マン、支店長

戦後の銀行合併史、救済型から自由化対応型へ

直接金融で進んだ企業の銀行離れ
大蔵省と日銀の版図争い
増殖する大蔵銀行
郵貯、証券に出遅れた政界とのパイプづくり

都銀の作戦参謀本部「都銀懇」

メインバンクはいらない?EDIの危険な微候(電子データ交換)

銀行の新たな顔、調査部長

銀行にとってリテールは大事だと叫ばれているが、浮沈をかけるのは大口融資先の動向であろう。
1000を超える邦銀の海外拠点
リスクと背中合わせのM&Aのうまみ。
M&Aは銀行にとって大変有利で、将来性あるビジネスとされている。
地球規模で進む銀行合併
銀行の新たなハードル、格付けと時価会計

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】


■年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA