よくわかる運輸業界 / 齋藤実

輸送サービスを商品として提供

輸送機関は数あるが主役は「トラック輸送」
鉄道輸送のさいだいの担い手JR貨物
輸送機関は数あるが、主役は「トラック輸送」
海運で注目される雑貨海上輸送

業界に中小企業が多いわけ

①新たに事業を始めることが比較的簡単
②中小零細企業でも、そこそこの営業収入を稼いで事業を維持していくことができる。

業界特有の問題点

「過積載」と「過労運転」
大手が牛耳る業界特有の下請け構造

新規参入の増加と不況で競争が激化

業界の規制緩和は競争激化を加速する。
寡占状態が進む宅配便業界
専門業者が躍進する引っ越し業界
都市型の新サービス「トランクルーム」
急成長が見込まれる航空宅配便

世界の超マンモス企業、日本通運

アグレッシブな宅配便の覇者、ヤマト運輸
特別積合せのパイオニア、西濃運輸
再生した実力会社、佐川急便
全国規模の隠れた大組織、赤帽
親会社からの自立を目指す、日立物流
メーカー物流から脱皮、センコー(皇太子の引っ越し)

経済発展で必要なニーズに合ったのが宅配便

宅配便のライバル、郵便小包

高速道路情報システム(ITS)
MCA無線
GPS利用のオムニトラックス

時代のキーワードは物流の共同化

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】


■年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA