よくわかる航空業界 / 井上雅之

国際線での取扱高を増やす日本の航空会社

国内線では厳しい経営環境が続く。
①日本航空グループ
②全日空グループ
③日本エアシステムグループ

1、整備部門
2、運航部門
3、サービス部門
4、営業部門

航空法の認可基準

①総括原価主義
②サービスの質と価格水準の組合せの妥当性
③独占的価格設定の禁止
④利用者の運賃負担能力の考慮
⑤過当競争の予防
幅運賃制度

200億のジャンボ機はリーズで調達

原油価格は業績を大きく左右する。
5倍以上の価格差があった正規運賃と格安航空券
国際航空体制の基点となったシカゴ条約
アライアンスは21世紀の航空事業戦略
総合情報通信システム化するCRS
次世代超音速旅客機の開発
FFP(マイレージ)は優良顧客囲い込みのための重要戦略
ファーストクラスは究極のサービスをめざす。
機内禁煙化はもはや常識か
急成長する国際宅配便

衛星による新航空管制システムの実用化へ

空にナビゲーションシステムを導入、地形を把握し安全運航
航空機は電子機器に弱い。
際立って高い日本の空港使用料
395トンの場合
JFケネディ(NY)・・312800円
サンフランシスコ・・51263円
ヒースロー(ロンドン)・・77696円
成田・・948000円

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA