よくわかる自動車業界 / 鵜澤利高

米国の圧力に屈した自動車部品

輸入車の1人勝ち、円高と輸入関税ゼロが影響。
円安でメリット半減の逆輸入車
空洞化の恐怖

かつては経営危機も経験したトヨタ自動車
競争力の低迷で地獄を見た日産自動車
RVで復活した本田技研工業
パジェロの次が出ない三菱自動車工業
いまやフォードの傘下におさまったマツダ
コストダウンの先駆者、スズキ
トヨタ色を強めるダイハツ工業
商業車専業となり復活したいすゞ自動車
トヨタをバックに強きの経営、日野自動車工業
大型車で生き残りをかける日産ディーゼル工業
総合二輪メーカーへ変身したヤマハ発動機

日本人の1割が自動車関連産業に従事している。

低公害車の今
天然ガス自動車、水素自動車、メタノール車、ハイブリッド車

日本の自動車がアジアで試される。
ASEANが1つの工場になる。
同じメーカーのクルマが1つのディーラーで買えない。

自動車の税金

①消費税
②自動車所得税
③自動車重量税
④自動車税
⑤軽自動車税

自動車関係諸税の国際比較

①日本65万円
②ドイツ37万円
③英国47万円
④フランス33万円
⑤米国13万円

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA