よくわかる外食業界 / 国友隆一

お客がみて存在する意義のある店だけが生き残る。

原点に戻るか劇的に変わるか二極化が激しい。
原点から離れない形で積極的に新メニューを投入。
中食マーケットが狙い目。
外食チェーンは情報システム産業
輸入食材でも味、鮮度にこだわる。
ヘルシー重視
ものを売る時代から、時間を得る時代に
パートやアルバイトを店長に採用する動き
(接客のレベルを上げる。それでいて人件費のコストは下げる)

供給ルート確保のため参入する食品メーカーや商社

①多角化
②遊休地、ビルの活用
③自社技術、ノウハウの活用
④供給ルートの確保

仕入れ、製造、配送、小売をシステム化

料理を製造に変えたセントラルキッチン
繊細な味を大量生産するむずかしさにチャレンジ
情報ネットワークを組んでオペレーションを効率化
マニュアルはシステムオペレーションの要

マネジメント志向の東京勢、個性重視の地方勢

スーパー系外食企業は成功率が高い。
様々なところに出資している商社
居酒屋チェーンの先駆者は養老乃瀧
どさん子チェーンがラーメンチェーンのはしり
クレーム処理に力を入れている企業は成長する。
外食産業は農林水産省が管轄
指導はしても規制は少ない対応で業界を育成。

紛らわしい名前の多いチェーン店

お客の一番の不満は接客にある。

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】


■年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA