よくわかる地銀・信金業界 / 増渕正明、福岡和夫

「新たな経営コンセプトの構築」が何よりも重要である。

これまでの価値観である「売上至上主義」や「収益偏重主義」から新たな経営の活路を
目指した脱皮の痛みを伴う「経営決断」と「生存の選択」が求められている。

ローンと保険を組み合わせた生・損保提携商品

地方企業の基盤を支える地方銀行の力
地方銀行の資金量、都銀を凌ぐ最大手の横浜
自己資本比率8%のBIS基準をクリアする地銀
一般企業よりも断然恵まれている地銀行員の待遇
転勤・出向は銀行マンの宿命、どこにでもチャンスはある。

信用金庫の仕組み、中小企業に特化した金融機関

地域に根付く金融機関―文字通り街の金庫役
信用金庫の生き残り戦略―地域との密着
単純な合併では、経営基盤の強化は図れない。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA