よくわかる住宅業界 / 池上博史

不満率が5割という住宅後進国、日本。

地価下落は住宅取得には朗報だが、景気にはマイナスとの論議も。

住宅産業のあゆみ

終戦時420万戸不足からのスタート
湿式工法から乾式工法へ
モデル住宅戦略
住宅ローンをテコに住宅ブームに乗る。

すそ野が広い内需産業

工場生産方式で成長するプレハブ住宅
2桁成長の元気印のツーバイフォー工法

工法も差別化要因の1つ

積水ハウス、初の1兆円企業は木造にも本格進出
ミサワホーム、マルチメディアの導入等、先端技術に挑戦
大和ハウス、総合的事業展開で1兆円企業へ。
積水化学工業、ユニット工法一筋に業績を拡大。
ナショナル住宅産業、コスト引下げのお値打ち商品を提供。
旭化成工業、工業化木造住宅の進出で次の飛躍へ。
三井ホーム、2×4世界一企業は生産システム革新中。
エスバイエル、価格破壊を旗印に超一流企業へ挑戦。

マンション編、ポスト・第六次ブームで問われる企画力

定期借地権分譲でマイホームが実現
時代が求める新潮流、「環境共生住宅」
円高で脚光を浴びる輸入住宅の現状と将来。
コストが課題の太陽光発電システム
美しい街並み形成も差別化要因になる時代。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA