よくわかるホテル業界 / 土井久太郎

ホテルの用途は時代と共に変わる。

東京オリンピックが現代のホテルの出発点だった。
大阪万博がホテルの個人利用のはじまり
チップ制度
サービス料10%
客室稼働率の重要性

客室料金の決まり方

①その都市のマーケット相場
②㎡あたり
③1000分の一説
総プロジェクト・コストを「客室数×1000」で割って一室あたりの売値を決める。
④コストより逆算
⑤眺め、階数の価値

バブル後の客室料金「価格破壊」

高くなりすぎた日本のホテル内レストラン

イベント企画で常にホテルに夢を

ホテルが一番欲しいのは個人客
女性客のハートを捉えよ。

契約社員、パート・アルバイトが激増

ホテル学・・アメリカとスイスが先端

FBの原価率

①食料原価は30%が目安
②飲料原価は20%が目安

業者を定期的に入れ替える努力を。
特定の1社と長くやっていると、マンネリ化したり、様々な癒着が生じる危険があるため。

部門ごとに異なる利益率

①宿泊(70%)
②レストラン(10%)
③宴会(30%)
④売店(30%)

21世紀は面白さの時代

エンターテイメント性の追求
これからの時代のキーワードの1つは「エンターテイメント」である。

年間255講座、延べ41万人が受講したお金の学校の定番講座
なかなか聞けないお金のことを短時間で効果的に学べる、入門講座
ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」
お金のレッスンスタジオ「マネテリ」

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】
参加者の95%が満足!プロが教える無料株式セミナー【株式投資スクール マナカブ.com】

年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ
ベルテックスの不動産投資セミナー

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA