よくわかるコンビニ業界 / 国友隆一

年間、全商品6.7割を入れ替えるから若者に支持される。

メーカーがCVSの棚に並べてもらうため激しい合戦を展開。
本屋、外食、オモチャ屋にとってCVSはライバル
時間、立地、品揃えの3つのコンビニエンスを追及

チェーン形態

フランチャイズチェーン
ボランタリーチェーン
レギュラーチェーン

CVSの1店1店の売上は本部の力によって違ってくる。

検討する件数のうち、加盟にいたるのはわずか1%。
本部は酒販店を加盟のターゲットにする。酒は免許制のため、酒販店が加盟すると、
そうでない店と差別化できるし、同じ酒ありきのCVSとも競合していける。

本部によってかなり差の大きいチャージ

オープンしてから軌道に乗るまで、はんぱでない忙しさ。
毎週全国1000人の店舗指導員が本部に集まる。

安い外国製品を積極的に輸入

PBの開発で重要なのは、品質とニーズの把握
メーカーも重視するようになったPOS情報
ヒット商品をつくるにはCVSとのミーティングが不可欠

お客が欲しい商品を並べるため死に筋商品をカット

売れ筋の欠品の多さが売上の差になってあらわれる。
商品以外のサービスも多彩。
学校の行事や地域のイベント、天気予報などを集めて発注に反映。
激しく変わるニーズに対応するには小分けが必要

CVSに対する信頼度を上げるには、まわりに迷惑をかけないように努力を。

責任をもたせ、パート・アルバイトの定着率を上げる。
簡単な教育カリキュラムや賃金体系をつくることが必要。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA