よくわかるクレジット&カード業界 / 増渕正明

クレジット産業の業務は「販売信用」と「消費者金融」

 

取扱高

①信販会社
②銀行系クレジット
③消費者金融会社
④民間金融機関
⑤流通系クレジット会社
⑥百貨店
⑦サービス・小売業者等
⑧その他個品割賦購入あっせん業者等
⑨電機メーカー系クレジット会社
⑩通信販売会社

発行枚数

人口1人当たり約2枚。
1世帯当たり5枚。

クレジット販売

①割賦販売または自社割賦
②自社カード販売
③ローン提携販売
④割賦購入あっせん
⑤提携ローン
⑥消費者ローン

国際カード

①VISA
②マスターカード
③アメリカン・エキスプレス
④ダイナーズ
⑤JCB

信販会社の始まりはチケットとクーポンから。

年会費の安い流通系カードの仕組み

・販売促進策の1つとなっており、消費者が系列店舗でカードを利用して
買い物してくれれば、年会費が無料でも十分やっていける。

カード犯罪は年間8億円以上

「営業」「与信審査」「顧客管理」の3つが仕事の柱

クレジット産業の代表選手は信販会社

「社会貢献カード」は使うと寄付される。
「ICカード」は情報量が磁気カードの440倍
「総合福祉カード」は高齢化社会に向けたシステム
「ギフト券」は5年後の収益が確実な事業

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA