なぜ「牛乳」は体に悪いのか/フランク・オスキー

牛乳には危険がいっぱい

欽欠乏性貧血を引き起こす
青少年の精神面に悪影響を及ぼす
赤ん坊を病気にかかりやすくする
カルシウム源としても不適切

この世で最も過大評価されている食品

牛乳の糖質は、消化器症状を引き起こしやすい
人類の大多数は乳糖不耐であるという現実
牛乳のたんぱく質は、アレルギー体質をつくりやすい
牛乳の被害者は莫大な数年のぼる。
牛乳の脂質は、心筋梗塞・脳卒中・がんのリスクを高める
一般にコレステロール値とアテローム硬化は肉および牛乳・乳製品と直接的な因果関係があリ、これは世界共通の現象となっています。

ミルクは赤ん坊を病気にかかりやすくする。

ミルクや豆乳はほとんどの乳児の成長を促すことができますか、事実上すべての乳児によって理想の食料となるのは母乳だけです。

牛乳はカルシウム源として不適切である
難病の原因は牛乳だった
牛乳にありがちな風味の劣化と細菌の汚染。

事実を歪曲している牛乳の宣伝と報道

牛乳は青少年の精神面に悪影響を及ぼす
牛乳は完全栄養食品の名に値しない

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA