これだけは知っておきたい仕手株投資入門 / 木村 隆

優良株も材料しだいで仕手株へ
一般投資家の参入を呼び込める1000円以下の株
高い水準では絶対に出動しない。
初動に乗ることを心がける。
頻繁に乗り換えない。
送ったら見送り

材料株からダイヤモンドを探す
同族経営は仕手化の温床になる。
同族経営にとって仕手の集めた株は「喉元に突き刺さった骨」早くなくなってほしい。

最近の流行は大企業の子会社
業績変化率の大きい会社
赤字企業、低位株
相場は疑いの中で育つ。
対象にならない大型株
4000万~8000万株の発行株数がベスト
仕手化実績は参考になる。しかし過去の大天井は抜けない。
悪材料出現は仕手化のチャンス。仕手は一気に安く買い集められる。

ブラックマンデーでも逆光高の株は仕手株だった。
仕手株なら暴落に対処できる。
外国人投資は11月にボリュームが大きくダウンする。

仕手化後、大株主ランクが変わる。
海外企業のM&Aが最大のインパクト
リスク回避は初動段階の出動で

不自然さをキャッチする。
ふるい落とし、 近視眼的な見方はダメ
先読みのポイントになる信用残。5ヶ月目がピーク、心理的節目。

現役トレーダーが直接指導する【株式投資スクール マナカブ.com】


■年間1,200名以上が参加する業界最大級の不動産投資セミナー
マンション経営で自分の給料並みの月間収入を実現する仕組みを学ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA