いくつになっても綺麗でいられる人の究極の方法ーアクティブエイジングのすすめ / カツア・ワタナベ

この本はあなたの未来を左右する本です

今も未来も「綺麗でいられる人」は、歳を重ねることを恐れない

アンチエイジングでは加齢を止められない

ニューヨークの女性たちは、いつもイキイキと輝いていますが、それは若さだけが美しいのではなく、年齢を重ねた女性は魅力が増すことを知っているから。歳を重ねるということは、美しきが失われたり魅力が半減するということではありません。年齢とともに新しい自分の美しきを発見することなのです。

アクティブエイジングで、歳を追うごとに輝きを増す
クナイプエイジングとは、アンチエイジングのさらに先のコンセプトで、若く美しく健康でいられる活動年齢を延ばす考え方と実践法です

年齢を気にしない女性たちは常に気持ちが若いので、美しいたけでなく健康で、その結果、寿命も延びて幸せな人生を送ることができます。

アインシュタインいわく「時間は絶対ではなく相対的なものである」
加齢は歳を重ねることで、誰でも毎年一歳ずつ加齢しますが、老化は身体や肌の機能や状態が衰えることで、その速度や程度は個人によって違います。

同窓会で「どうして、そんなに若いの?」と言われる秘訣
・肌が若い
顔以外で年齢が現れるのは、首と手ですので、首&手のお手入れも忘れずに。

・スタイルをキープしている

・オシャレをしている

・年齢を気にしていない
日本ではすぐに年齢を聞かれますが、海外では年齢を聞いてはいけまをせん。自分はらう歳だ、もういくつになったのだからそんなことばできないなどと思っている人は、そう思っていない人に比べて早く老けます。なぜなら、人間の肉体は思考に左右され、潜在意識が自分が思っている年齢に肉体を近づけるからです。弄りこれは、いつも年齢を気にしている人は老けやすく、気にしない人ほど老化力遅いということ。若さを保つためには、年齢を考えない、聞かれても答えないないなど、年齢意識をなくすとよいです。

・感性がある
フクッション、ビューティー、ミュージック、インテuノア、アート、ダンス、エンダーティメント、グルメ、トラべル。これらの中でいくつか興味があるものがあれぱあなたには感性があります。

世界最高峰のエイジング学 ジェロントロジー
アクティブエイジングの実践法は、世界最高峰のエイジング学である南カリフォルニア大学の「ジェロントロジー」という、医学、生物学、心理学、社会学、経済学などの専門分野を学際的に統合した学問をベースにしている。

若く美しく健康で長生きするための三つの鍵

第一の鍵の「美」、第二の鍵の「健康」、第三の鍵の「長寿」の三つの鍵。三本の矢のたとえ話にあるように、一つ一つの鍵だけでは強さが足りなくても三つの鍵を合わせれば相乗効果を生み、とても強力な「美と健康と長寿法」になります。そして、それはあなたの「生き方」へとつながるのです。

第一の鍵の秘密 美

洗顔
石油系界面活性剤は、肌や身体、環境に悪いものが多いので注意が必要です。巴にこだわるょりも、肌に悪い成分が便われていねいか品質表示に記載されている成分を確かめることが優先です。オーガニックの製品などを便って大切な肌をいたわりましょう。

肌のゴールデンタイムは深夜ではなくて、この時間だった

成長ホルモンは入眠から三~四時間の間に集中して、脳下垂体から分泌されることが分かっていて、重要なのは寝ついてから三~四時間にしっかり熟睡することだそうです。このように、肌の状態は何時に寝るかではなく、質のいい睡眠を取れるかどうかに左右されています。

わざわざ、老けるスキンケアをしていませんか?
肌の洗いすぎやスキンケア成分のつけすぎは、肌が本来持っているバリア機能や保匪能力を低下させます。そうならないために、自然治癒力を高めて肌の回復再生能力を高めることが肌の老化をぎ、結果的に美肌に役立ちます。

コラーゲンを肌につけても吸収されない
紫外線を浴びないドラキュラは正しい
実は、肌の老化の原因の八割は紫外線によるものです

光老化は加齢による自然老化と区別されていて、その比率は、自然老化は20%、光老化は80%だと言われています。

第二の鍵の秘密 健康

心が健康を左右する
それは、人間は心で感じ、意識で考え、それに従って行動するからです。あなたの心が健康をどう感じ、それを意識がどう考え、それに従ってどのような生活習慣を持つかによって、あなたの健康は左右きれるのです。

いまの考えで未来の身体が決まる
目分の健康は自分で守ると考える
未来にどのような自分でありたいかによって健康が決まると考える
ポジティブに考え自分の身体に感謝する

誰よりも自分を愛する。すると健康になる

ハッピーな人は、いのちを延ばす

幸福は疲労からの回復を早め、肯定的かつ積極的な心持ちは、ストレス性のホルモンを減少させ、免疫機能を向上させる

健康的な食事や運動を心がけることも不可欠ですが、幸せを感じることや自分が幸せと思うことも健康管理の一環なのです。

心臓病、がん、脳卒中、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病になるリスクを減らすことができる方法の一つが、心のあり方をコントロールすることです。つまりこれは、ポジティブな人(心の免疫力が高い人)は体の免疫力も高いとい一ラことで、心のあり方も食生活や運動と同様の生活習慣のひとつで、健康を左右しているということです。

ストレスは病気のもと
長期間ストレスを感じ続けていると、慢性的な免疫力低下につながります。すると、病気になりやすくなり、病気になったときに治りにくくなってしまうのです。

薬以上に強力なナチュラルパワーを使おう
病気の原因を治すのは薬ではなく、あなた自身の自然治癒力です。
薬に頼らない考え方と、病気にならない生き方が、あなたの健康を守るのです。

第三の鍵の秘密 長寿

科学が証明!見た目が若い人ほど寿命が長いという真実

老化が早まるということは、単に見た目が早く老けるたけではありません。あなたの肌のシミ、シワ、たるみなどが目立ち、肌が老化しているということは、心臓や脳、肝臓、胃腸などの内臓や、骨、筋肉、神経など全ての身体の中の機能も老化が進んでいるということです。
外見は体内が表面に現れたものなので、見た目は健康のバロメーター。老化の大きな原因のひとつは細胞の酸化です。

年齢を気にする人ほど歳をとってしまう
。。自分はもう歳だと思っていると、その思考と感情が潜在意識に刷り込まれ、身体は,あなたが思っているように反応して、老化が早まってしまうのです。自分を若いと思っている人は歳をとるのが遅い。

老化が早まる三大要因は、不健康な食生活、運動をしない、ストレスが多くネガテイブ思考です。一般的に男性の方が老けやすく、女性の方が若さを保つ人が多いですが、その理由、女性が見た目を気にするので、若く美しくいるため健康的な生活を心がける人が多いからです。つまり女性の場合は、美容が健康を助けていると言えるでしよう。ちなみにゲイの男性に見た目が若い人が多いのも同じ理由です。このように、美意識は老化を防ぐのです。

世界の健康食の二大トレンドは、オーガニックとグルテンフリー

食べることよりも、食べないことを意識する
最近は消費者の健康意識が高まり、老化を防ぐ食べ物がメデイアで紹介きれるようになりましたが、それらを食べるょり、老化を早める食べ物を食パないことの方が重要です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA