「おなかのすく人」はなぜ病気にならないのか / 石原結實

免疫力は「空腹・発熱」で高まる

我々が腹いっぱい食べると、血液中にはタンパク質、脂肪、糖、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富になる。
すると、それを食べて生きている白血球も腹いっぱいになるので、血液中に老廃物が増えても、病原菌が侵入しても、ガン細胞が発生しても、貪食しない。つまり免疫力は落ちるのである。

逆に、空腹時には血液中の栄養素も不足し、白血球も減るので血液中の老廃物や病原菌、ガン細胞を存分に貪食する。
つまり免疫力は上がるのである。

病気にかかると食欲がなくなるのは、白血球を空腹にさせ、免疫力を上げようとする身体の本能(自然治癒力)のなせる業なのだ。

病気を防ぎ、健康を増進するためには「空腹の時間を長く作る」こと、それに「身体を温める」ことが最も大切になってくる。

動物は空腹のときに心身の働きが最高潮に達し、逆に満腹になるとやる気やファイティング・スピリットが失せる。

入浴の絶大なる効能

湯船に入らずシャワーだえですます入浴習慣が、いまの日本人の体温を下げている要因の1つになっている。

とにかく動いて、筋肉を使う
筋肉を動かさなければ、全身の血流は十分にスムーズに流れないし、心臓にも負担がかかる。

運動には血流を促す働きと同じくらい大切な働きに、熱を生み出す筋肉の「産熱器官」としての機能がある。
その筋肉の70%以上が、腰から下に存在する。
だから下半身を鍛えることが、より大切になってくる。

ウォーキングが最適
忙しいときにはスクワットで

スクワットのやり方

①両腕は、後頭部に組んで両下肢を肩幅よりやや広くして立つ。
②息を吸い込みながら座り込み、その後、息を吐きながら立ち上がる。
③この動作を10~15回繰り返して(1セット)行い、その後しばらく休んで息が整ったら、また行う。
最初は3~4セットから始め、だんだん下半身が強くなってきたら、1セットの回数及びセット数を増やしていく。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA